アイドルグループ・欅坂46の渡邉理佐が、7日発売の『週刊少年マガジン』45号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。欅坂46としては最後の撮り下ろしグラビアで、未来を感じさせる美しさを放った。

【別カット】カメラを見つめ… 透き通るような美しさの渡邉理佐

 ファッション誌『non-no』の専属モデルとしても活躍し、“美の象徴”としてグループをリードしてきた渡邉。グループとしての5年間でさまざまなことを経験してきたが、10月12・13日に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われるラストライブをもって改名・再出発する。

 新しいグループ「櫻坂46」でも中核を担うであろう渡邉の“欅坂46ラストグラビア”は、ナチュラルな彼女の魅力に迫った。古民家や海沿いの道で撮影されたカットから、夏のおわりを楽しむ等身大の姿を感じることができる。

 同誌の公式ツイッター【@shonenmagazine1】やインスタグラム【@shonenmagazine.kousiki】では、アザーカットを公開中。巻頭カラー漫画は『東京卍リベンジャーズ』。

【写真】撮影:神藤剛 スタイリング:優哉 ヘアメイク:平松浩幸 デザイン:松本麻実(GROSVENOR design)