11人組グローバルボーイズグループ・JO1が5日、都内で会見を開催。11月25日に1stアルバム『The STAR』を発売することを発表した。会見で司会を務めたお笑いコンビのかまいたちは、JO1の成長ぶりに目を見張っていた。

【集合ショット】鮮やかな水色の新衣装で登場したJO1

 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成。

 吉本興業の“後輩”であるJO1について、山内健司は「1番、JO1と仲がいい芸人じゃないかな」とにやりとし、濱家隆一も「JO1と仲良くやっておこうと思っています」と人気にあやかろうとする。仕事で共演もしており、山内は「すごく好青年。裏表がなく、礼儀正しい。同じ吉本なんですけど信じられない。吉本が初めて正解を出した」と吉本らしからぬ実直さを称えていた。

 これまでのJO1の仕事を紹介するVTRも流されたが、かまいたちがMCを務めるツイッター上の番組『かまいったーTV』の出演映像がなかったため、濱家が「なんで入っていないんですかね」と疑問を投げかけると山内は「入るか。もみ消してるよ」とツッコミを入れて笑わせた。

 メンバーでは川西や白岩が、かまいたちファンを公言。濱家は「ずっと言ってね」とおねだりし、「拓実は未だに変わらぬ思いを感じる。ただ、瑠姫はだんだん離れていってる…」とぽつり。メンバーは大爆笑で、山内は「頼むよ。永遠に(ファンと)言ってな」と懇願していた。

 通常盤のほか、初回限定盤は3形態(Red、Green、Blue)。それぞれCDに加え、Redは特典映像(JO1 PARTY)のDVD、GreenはPHOTO BOOK、BlueはACCORDION CARDを付属する。また、Redメンバー、Greenメンバー、Blueメンバーのソロアザージャケットもランダム封入される。

 また、1stアルバム『The STAR』のリリース記念ショーケースオンライン生配信イベントが11月14日に開催(タワーレコードで対象商品購入者が対象)、オンライン単独ライブ『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』が12月19日に開催されることもあわせて発表された。與那城は「オンラインを通じて新しい見せ方ができたら」とメッセージを送り、鶴房は「12月19日はクリスマスと僕の誕生日の間。重要ですよ(笑)」と呼びかけていた。公式ペンライトも発売となり、メンバー全員で曲に合わせて振ってお披露目していた。