お笑いコンビ・爆笑問題の太田光(55)が、4日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前9:54)に出演。今月1日に初出廷した自身の“裏口入学報道”の裁判でのパフォーマンスについて語った。

【写真】山口もえが公開…田中裕二&娘のほっこり2ショット

 2018年8月に『週刊新潮』が、「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父の溺愛」という記事を掲載。太田の父が入試前年の1983年後半に裏口入学ネットワークに800万円を払って依頼をしたとして、日大関係者の証言とともに掲載。太田本人への直撃取材も行い「僕は身に覚えはないですよ」と返答したと報じていた。

 この記事内容を事実無根とした太田側は、出版元の新潮社にたいして約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴。記事内容を強く批判しながら、法廷ではおどけるような仕草を見せ、証言台では小声で「伊勢谷友介です」とボケていたと報じられていた。

 この日の『サンジャポ』では、太田のパフォーマンスについて紹介。“伊勢谷友介発言”直後の現場について「シーンとしていた」と明かし、「良い客じゃなかった」とポツリ。相方の田中裕二から「社長から怒られなかった?」と妻で事務所社長の太田光代氏の反応を聞かれると、太田は小声で「社長は怒ってた…」とバツが悪そうに話した。

 判決は12月21日に言い渡される。