歌手・青山テルマが3日、神奈川・横浜スタジアムで行われたプロ野球・横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦のセレモニアルピッチに登場した。

【動画】セレモニアルピッチで見事な投球を見せた青山テルマ

 来場する女性がスペシャルユニフォームを着用するイベント『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー』の一環。背番号3のユニホームに身を包んで登場した青山は「久々にこんなに(たくさんの)人間と会いました。今回、人生初めてのセレモニアルピッチなのでめちゃくちゃ緊張してます。ただ、めちゃくちゃ練習してきました」と自信をのぞかせた。

 マウンドに立つと、「みなさんの力が必要なので、手拍子をして私にいい球が投げられるように魔法を掛けてください」と呼び掛け。観客から大きな拍手が送られると、「ありがとう~、最高! うれしい!」と笑みを見せ、見事な投球を披露した。

 青山は「すごい緊張したんですけど、ベイスターズファンの皆さんがめちゃくちゃ温かくてほんとうに魔法にかけられたように力をもらったのでいいボールが投げられたと思います!」と人生初のセレモニアルピッチをしみじみ振り返った。「超うれしいし、超気持ちいね! 人生初のセレモニアルピッチがいい感じに終えられてすごくうれしいです!」と声を弾ませた。

 また試合後のライブパフォーマンス「B☆MAGIC SHOW」にも登場し、名曲「何度も」「そばにいるね」を歌唱した。