NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。4日放送の第26回より、小籔千豊が演じる二条晴良が登場する。大河ドラマ初出演の小籔が、出演依頼を受けた時の驚きや、「僕を憎んでいただけたら」とヒール役への意気込みを語った。

【写真】近衛前久役の本郷奏多も大河ドラマ初出演

 「『麒麟がくる』と言われて、(お笑いコンビ・麒麟の)田村と川島がくるのかと思うくらいピンとこなかった」という小籔。「オファーを聞いたときは本当にビックリしましたし、『きっと悪いヤツの役なんだろうな』と、思いましたね。嫌みったらしい悪い役を演じる人はいないかと考えていた制作スタッフが、 別の作品を見て『こいつ憎らしいな』と思い、入れてやろうかみたいになったのではないかと、勝手に想像しています(笑)」。

 その読みは、ある意味正解だった!? 配役された二条晴良は、二条家の当主で、永禄11年(=1568年※足利義輝が殺害された永禄の変から3年後、織田信長が将軍足利義昭を奉じて上洛する年)より関白職に就き、公家同士の力関係の中で、近衛前久(本郷奏多)と対立する。

 「僕としてはできるだけドラマの世界に馴染みたいので、『あいつ出てたんか?』と言われるくらいになりたいですし、近衛さんやほかの方を通して『二条は嫌なヤツだ』と思ってご覧いただけたらありがたいです。近衛前久役の本郷奏多さんがすごく素敵な俳優さんですので、本郷さんを皆さんで応援していただき、そして僕を憎んでいただけたらと思います」と、ヒール役を買って出る意気込みだ。

 内心では、「作品としては近衛目線で描かれるので、視聴者のみなさんは、二条晴良は腹立つなとか、いやらしいヤツだなという印象を持つと思いますが、二条としては別に憎たらしいことを言おうとしているのではなく、二条にもある種の正義があり、ちゃんとした政治をしたいという思いから、自分は正しいことをしていると思い、やっていたのではないでしょうか」と、思いを巡らす。

 「公家でも、将軍を利用して自分の権力を誇大にしていこうという人や、パワーバランスを気にして出世を虎視眈々と狙っている人など、ある人から見たら悪い人、ある人から見たら利用価値がある人がいて、こういう世界はサラリーマンの社会でもあるのかなと思い、現代の人の感覚に照らし合わせてやっていこうと思っています。ある方向から見たら悪だけど、ある方向から見たら悪ではないということは、きっとみなさんの身近な世界にもあると思います」。

 役作りについては、「公家の方を実際に見たこともないですし、友達にもいないですし、知り合いで『公家とバーベキューした』という話も聞きませんので、公家のイメージがどうしても想像の範囲でしかありませんが、演出の方やプロデューサーの方からどういう感じの役なのか事前にお話を伺ったので、そのイメージを守って演じていきたい」と話しており、所作指導やことば指導の専門家に全幅の信頼を寄せている。

 「袖の持ち方や笏(しゃく)の持つ位置など、逐一教えていただいています。さすが大河ドラマ。盤石の布陣ですね。何とか僕でも所作は公家に近い形にできていると思います。本当は馬に乗って誰かを斬ってみたかったですが、今回は公家ですし、忍法を使って誰かを暗殺するシーンもありませんので(笑)、粛々と公家に近づけるように努力していきたい」と、話していた。