女優の山口紗弥加が、マッチングアプリとの出会いで遅咲きの青春を謳歌する、

【画像】書籍化も決定している

38歳バツイチ独身女を演じるドラマ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』が、テレビ東京のドラマパラビ枠(水曜 深0:58)で今秋、放送されることが明らかになった。

 この作品は、2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品(作:松本千秋)で、今年10月に書籍化も決定。同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となる。

 題材となったのは、「いまどき、普通でしょ?」 という人もいれば、「えっ、出会い系だよね? 正直引く…」 という人もいるマッチングアプリ。何事も実際にやってみないとわからない。「知らない世界を体当たりで体験し、作品にして広く伝える」コミックエッセイの真骨頂ともいうべき作品だ。

 山口も「マッチングアプリって何ですか!?が正直な感想だったのですが、すっこ抜けた青春を取り戻す38歳・独身女の冒険記と聞き、これはぜひ、実体験として挑戦させていただきたいと思いました」。

 友人の勧めで、好奇心からマッチングアプリを始めた38歳の主人公・松本チアキ。恐る恐る覗いたアプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた。しかも、女性はびっくりするくらいモテまくる!? しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさんいて…。

 早くに結婚してしまい男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌。いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう。そんな彼女が出会ったのは自分の世代とはあまりにギャップが大きい「イマドキの恋愛観」、そして「アラフォー女性ならではの悩みと孤独」だった…。

 脚本は、現代女性の複雑な恋模様を描く名手・舘そらみ氏。監督はドラマだけでなくMVや映画、舞台まで多彩な才能を発揮している酒井麻衣氏。主演・原作・脚本・監督・プロデューサーとすべて女性で構成される本作は、それぞれの考え方や人生経験、過去の恋愛などが少しずつ作品に投影された、尋常ではない熱意のこもった意欲作となっている。

 台本を読んだ感想について、「膨大なせりふ量に震え、何人と、何回キスするの!?と…不器用な人間たちによる、甘美と辛酸のミルフィーユのようなドラマです。舘そらみさんが紡がれる言葉たちは一種の生命体で、口にするのも躊躇うような単語すらさらりと吐き出してしまうから、その生々しさに思わず丸呑みされてしまうような危うさがあります」と、山口。

 自身が38歳だった頃に思いを馳せ、「私にとっての38歳はまさしく人生の岐路でした。『まだ、30代。』と言い聞かせながら40歳へのカウントダウンを始めるような、気付けばどこかに “焦り” が潜んでいたような…。チアキもそんな時間の中で必死にもがいているのだと思います。もちろん私も同じです。必死で38歳のカラダを作りました。あらゆる意味で『挑戦』です」と話している。

 年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていること、いくつになったって自分で人生は変えられるし、それは大きな喜びにあふれているというメッセージが込められた、”現代型”ラブコメドラマ。

 原作者の松本氏は「38歳の春から始めた某マッチングアプリで、私はいろんな初体験をしました。世間的常識を取っ払って飛び込んだその世界は、時に危険で怪しく、ロマンチックで官能的でもありました。この経験を物語として描き始めた当初から、この作品は絶対に映像化を狙っていきたい、という気持ちを込めていました。コミックエッセイ大賞に応募したのも、テレビ東京さんに届いて欲しい一心からでした。この思い、キャッチしていただけてめちゃくちゃ幸せです。皆さん、このドラマ、まぶしくて目が潰れそうな美青年が数々登場します。そしてチアキを演じてくださる山口紗弥加さん、その凛とした美しさ…これはもう、ほんと観て! 観なきゃ絶対損!!」と、大きな期待を寄せている。

 なお、本作は動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占先行配信される。

■第2回 幻冬舎×テレビ東京×note コミックエッセイ大賞 開催

 ドラマ化が実現した『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』に続くような、新たな作品を大募集。このコンテストは、幻冬舎とテレビ東京とnoteが共同で開催するもので、コンテストのハッシュタグ(#コミックエッセイ大賞)をつけてnoteに投稿された作品を対象に審査を行う。入選すれば、WEB連載や書籍化、映像化の可能性大。

https://note.com/info/n/ncad58a58a417