スマートフォンやタブレットの普及などにより、拡大を続ける電子書籍市場。なかでも高いシェアを誇るジャンルが「コミック」で、インプレス総合研究所が発表した『電子書籍ビジネス調査報告書2020』によると、2019年度の同ジャンルにおける市場規模は、前年比で602億円増の2989億円、電子書籍市場のおよそ8割を占めた。とりわけ「マンガアプリ」は、電子コミックの販売・配信において主流のサービスとなっており、近年はスマホゲームと同様に、空いた時間に手軽に楽しむことができるサービスとして定着している。今春にはコロナ禍の自粛要請により、マンガアプリの需要が拡大。各社が、無料作品の配信を強化し話題となった。

【ランキング表】アプリの特色別に調査! 顧客満足が高い「マンガアプリ」TOP3

 そのような状況のなか、顧客満足度調査を行うoricon MEでは「マンガアプリ」について調査を初めて実施。アプリの特色に応じて、「総合型(主に出版社を横断したマンガをWEB上で配信・販売しているサービス)」、「オリジナル(主にWEB限定作品や、インディーズ作家によるマンガを、WEB上で配信・販売しているサービス)」、「出版社公式(出版社が独自でマンガを配信・販売しているサービス)」の3つのランキングを発表し、結果、「総合型」では【BookLive!】(72.24点)、「オリジナル」は【pixivコミック】(73.18点)、「出版社公式」は【ゼブラック】(74.69点)がそれぞれ満足度総合1位を獲得。ランキング結果とそれぞれのサービスの特徴から、満足度の高さにつながったポイントを見ていく。

◆クーポンガチャなどお得なキャンペーンが人気の【BookLive!】

 本調査では週に1回以上、電子マンガサービスを閲覧している全国の15~84歳までの利用者を対象に、利用するサービスについて回答を得た。調査期間は、2020年6月29日~7月3日。ランキングを構成する評価項目は「アプリの使いやすさ」「作品の充実さ」「無料作品の充実さ」「キャンペーン・ポイントの充実さ」の4つがあり、これらは全17の設問から成り立っている。なお、ランキングは「満足度総合」「評価項目別」のほか、部門別(「男女別」「年代別」)の結果も発表している。

「マンガアプリ 総合型」ランキング総合1位を獲得した【BookLive!】は、キャンペーン・ポイントの充実さやアプリの使いやすさが支持されるポイントとなった。

 無料作品の数が豊富な点や、毎日回せるクーポンガチャ、Tポイント連携などが、お得感を求めるユーザーの心を掴み、実際に回答者からは「無料でも読める作品が多く、1つひとつの読めるページが多いので、無料でも充分楽しめる」(20代・女性)、「キャンペーンが多く、クーポンも手に入れやすいので、合わせると凄まじいまでの値引きができる」(20代・男性)、「インストールしたその日に50%オフのクーポン配布は非常に有り難かった」(30代・男性)などのコメントが寄せられた。

 使いやすさの面では、購入した作品がシリーズごとにまとまって表示される本棚の機能が好評。自身で新しい本棚を作成し、ジャンルごとに整理できるなどカスタマイズ機能も充実している。そのほか、アプリの操作性や視認性の高さも評価された。

◆話題のオリジナル作品が掲載期間内なら読み放題の【pixivコミック】

「マンガアプリ オリジナル」で首位に輝いた【pixivコミック】は、世界最大級のイラスト・マンガ投稿サイト「pixiv」のマンガアプリとして登場したサービスだ。『ヲタクに恋は難しい』(ふじた・著)など、「pixiv」発の人気作品も数多く掲載されている。

 同サービスの特徴的な点は、掲載期間内の作品であれば、いつでも読み放題なところだ。現在多くのマンガアプリが、一定期間ごとに付与されるチケットや、動画広告の視聴と引き換えに作品を読める仕様になっているが、【pixivコミック】は、ログイン不要でチケット付与などの時間を待つことなく、いつでも作品を楽しめる点が高く評価されている。

 実際に回答者からは「チケット制やコイン制などの面倒なものがないので、気になった作品を手当たり次第に見られるのがいい」(40代・女性)、「基本無料でほとんど見られるため、新しい作品との出会いが多く、購買意欲につながる」(20代・女性)、「他のマンガアプリにはないジャンルも取り扱っていてとても楽しい」(10代・女性)などのコメントが寄せられた。

◆集英社の人気作品が無料で読める【ゼブラック】

「マンガアプリ 出版社公式」ランキングで満足度総合1位となった【ゼブラック】は、集英社の人気コミックを毎日1話無料で楽しめるアプリとして注目されている。他のアプリでは有料でしか読めない人気作品も、23時間ごとに付与されるチケットを利用して無料で読み進められる点は、出版社公式ならではのメリットといえる。さらに、チケットの付与に関係なく、巻数限定あるいは全話を無料で読める作品も多く、コロナ禍の自粛要請期間には、週刊少年ジャンプ連載の人気作品『ONE PIECE(ワンピース)』(尾田栄一郎・著)の1~61巻までが無料公開され、話題となった。

 評価項目別ランキングでは、「作品の充実さ」「無料作品の充実さ」「キャンペーン・ポイントの充実さ」の3つの評価項目でそれぞれ1位を獲得。

 回答者からは、「期間限定などで読める試し読みの巻数が多い。 また1話読み、巻読みが選べるところにも魅力を感じる」(20代・女性)、「ページの読み込み速度もストレスない程度でできるだけゼブラックで漫画を読みたいと思った」(20代・男性)、「一気に何十話も読めるキャンペーンがすごく良い。マイナーな作品だけでなく、メジャーな作品でも同サービスが行われているため、今まで読んでいなかった名作を読むきっかけにもなるし、マイナーな作品を知るきっかけにもなってよい」(20代・男性)などの声が寄せられ、ユーザーニーズに応える姿勢が高く評価された。

◆コロナ禍での無料キャンペーンが話題に。アプリの利用拡大につながる

 前述の【ゼブラック】の取り組みでも触れたように、新型コロナウイルス感染拡大による自粛要請期間では、マンガアプリを運営する各社が無料配信キャンペーンを実施。これを機に、積極的にマンガアプリを利用するユーザーが増加した。

 本調査では、回答者がサービスを選ぶ際(利用前)に最も重視した項目に関してもリサーチしており、「無料作品の充実さ」を選んだ人が全体の3~4割ほどを占めていたが、各社はこうしたニーズに応えながら、無料キャンペーンを接点に、作品への課金やグッズ販売、新人作家のPRなどにつなげている。さらに、アプリで作品の面白さに触れ、紙媒体の単行本を購入するユーザーも一定数存在し、マンガアプリが従来のコミックスの売上にも寄与しているといえる。

 マンガアプリは今後も成長を続け、新たなユーザー層の獲得や、コミックスの新たな価値の創出などに一役買う存在となるのではないだろうか。