俳優の山崎賢人が主演を務める映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』の公開日が2021年2月19日に決定。さらに、夏菜、眞島秀和、原田泰造、高梨臨、浜野謙太、田口トモロヲの出演も5日、発表された。

【動画】映画『夏への扉』特報映像が初解禁

 原作は、1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説。その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。また、宗一郎が家族のように大切に思う恩人の娘・璃子を清原果耶、30年後に目覚めた宗一郎に力を貸すヒューマノイドロボット役を藤木直人が演じる。

 発表された追加キャストは、宗一郎の婚約者・白石鈴役を夏菜。宗一郎の会社で共同経営者を担う松下和人役を眞島。謎の鍵を握る男・佐藤太郎役を原田。佐藤の妻・みどり役を高梨。宗一郎にヒントを与える科学者・坪井強太役を浜野。2025年で宗一郎を待ち続けていた物理学者・遠井教授役を田口が演じる。

 また、特報映像も初解禁。将来を期待される宗一郎が罠にはめられ、璃子や研究成果などすべてを失い、冷凍睡眠させられるシーンからスタート。そして、ヒューマノイドロボットから「偶然でしょうか。璃子さんが亡くなったのも」と言葉かけられ、未来を変えようとする宗一郎の姿が描かれる。最後は「扉を探す」と決意に満ちた表情を見せる宗一郎のせりふで締めくくられている。