11人組グローバルボーイズグループ・JO1が5日、都内で会見を開催。11月25日に1stアルバム『The STAR』を発売することを発表した。

【集合ショット】鮮やかな水色の新衣装で登場したJO1

 サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグループ・JO1は、101人の中から選ばれた11人(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)によって結成。

 3月4日に発売したデビューシングル「PROTOSTAR」は、3月10日発表のオリコン週間シングルランキングで初登場1位を記録。6月18日発表のオリコン上半期ランキング2020では、アーティスト別セールス部門にて、JO1が新人セールスの2位、作品別売上数部門で「PROTOSTAR(無限大)」がシングル6位を獲得した。また、8月26日に発売した2ndシングル「STARGAZER(OH-EH-OH)」も、9月1日発表のオリコン週間シングルランキングで2作連続での1位を獲得した。

 通常盤のほか、初回限定盤は3形態(Red、Green、Blue)。それぞれCDに加え、Redは特典映像(JO1 PARTY)のDVDが、GreenはPHOTO BOOKが、BlueはACCORDION CARDが付属する。また、Redメンバー、Greenメンバー、Blueメンバーのソロアザージャケットもランダム封入される。

 表題曲は新曲「Shine A Light」となる。センターを務める川西は「本当にうれしい気持ちと同時に責任感も、これまで以上に出てきた」としみじみ。センター決定はLINEで伝えられたそう。「誰にも伝えてないですね。まだ家族にも言ってないです。発表した時に聞いた方が喜ぶかなって思って」といたずらっぽく笑っていた。

 これまでについても振り返ってトーク。與那城は「7ヶ月も経つと落ち着いたのかな」と成長を実感しているそう。豆原は「デビューする前にファンミーティングをさせていただいたのですが、それが初めてファンの方に会う機会だったので印象に残っています」と笑顔。川尻は「責任感は大きくなった。自分たちのものを作るので、こだわりが強くなりました」と口にしていた。

 また、1stアルバム『The STAR』のリリース記念ショーケースオンライン生配信イベントが11月14日に開催(タワーレコードで対象商品購入者が対象)、オンライン単独ライブ『JO1 1st Live Streaming Concert「STARLIGHT」』が12月19日に開催されることもあわせて発表された。與那城は「オンラインを通じて新しい見せ方ができたら」とメッセージを送り、鶴房は「12月19日はクリスマスと僕の誕生日の間。重要ですよ(笑)」と呼びかけていた。公式ペンライトも発売となり、メンバー全員で曲に合わせて振ってお披露目していた。