お笑いコンビ・爆笑問題、作家の辻仁成氏らが所属する芸能事務所・タイタンでマネージャーを務めている八木順一朗氏が監督を務め、お笑いコンビ・まんじゅう大帝国の竹内一希が主演の映画『実りゆく』が、2日より長野県先行公開、9日より東京・新宿武蔵野館ほか、全国で順次公開される。同作を鑑賞した、さまざまなジャンルの著名人からコメントが寄せられた。

【写真】爆笑問題とラジオでトークするまんじゅう大帝国・竹内

 堤幸彦監督、大根仁監督らを擁する、オフィスクレッシェンドが主催する「MI-CAN 未完成映画予告編映画大賞」の第3回大会に、八木監督が『実りゆく長野』を出品したところ、惜しくもグランプリを逃したものの“堤幸彦賞”と“MI-CAN男優賞”を受賞。本編を望む声が数多く寄せられたことから、タイタン代表の太田光代氏の手により、ついに映画化が決定した。

 撮影は、長野県下伊那郡松川町のりんご農家で敢行。撮影中の2019年、台風19号が長野県を直撃して豪雨被害に見舞われた経緯から、映画の力で長野の魅力を伝え復興に導けたらという想いも込められている。キャストには田中要次、三浦貴大、小野真弓、山本學といったベテラン俳優陣も集結し、本人役として、島田秀平や爆笑問題も出演するなど、豪華な顔ぶれがそろった。

■テリー伊藤
息子がどんなに父親の意思とは違う生き方をしても世間から笑顔で迎えられたら、親の頑固なんてこっぱみじん!! こんな親子痛快バトル漫才映画もありだ!!

■オリエンタルラジオ・藤森慎吾
笑いながら涙する漫才を見たのは初めてです。心から素敵だなと思える作品。人生を真っ赤なりんごのように実らせたい人たちの背中をそっと押してくれる映画。

■六代目神田伯山
タイタンオールキャストで、虚と実がリンク。まんじゅう大帝国が売れた時に、この映画は本当の意味で完成する。

■堤幸彦
ストーリーに登場する幾人もの不器用な人々に、泣かされた。そして「映画を作るために大切なこと」を、あらためて学んだ。コロナで沈んでいたが、この映画で少し前を向けた。
直感で八木監督を選んで正解だった。

■石田亜佑美(モーニング娘。’20)
漫才で泣いたのは初めてでした。実と一緒に緊張したり、ずっと楽しかった!
笑顔を届ける。その前には、苦悩や葛藤がある。だから私は実を応援したくなるんだと思います。

■もう中学生
(祝)遂に映画のモデルとなった松尾アトム前派出所さん!!! いつ電話をしても、おりんご作りか、お笑い作りをしてるんです。僕たち芸人も袖で涙が出ちゃうくらい、振り切ったお笑いで笑わせてくれるんです。その松尾さん、ぼくたちの見えないところで、こんなにあたたかくて、真っ赤なアップル・ストーリーがあったとは…。泣いて、笑って、幸せいっぱいになったねぇ~。