人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が新型コロナウイルスに感染したことを受け、濃厚接触者に該当していた丸山隆平が3日、MCを務めるTBS系の情報番組『サタデープラス』(毎週土曜 前8:00)を欠席。代役として横山裕が出演した。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 横山は開口一番「サタプラのカンペがちっちゃいのよ!」といい、場を和ませると「うちのメンバーの大倉が、新型コロナウイルスにかかってしまい、丸山くんが濃厚接触者に該当してしまったので、2週間自宅療養とのことで、今回は横山が来ました。よろしくお願いします」と出演した経緯を説明。

 さらに、丸山からきのうメールが届いたことを明かし「『サタプラありがとうございました』って(笑)。まあ、元気な証拠ですね」と安心した表情を見せていた。

 また、先週9月26日の放送では、村上信五が出演した。

 ジャニーズ事務所は9月24日、大倉が新型コロナウイルスに感染したことを発表しており、大倉以外のメンバーとマネージャーについては、PCR検査の結果、全員陰性であることが確認。事務所は大倉の症状の経緯について「9月20日夜、倦怠感はあったものの発熱はなかったことから様子を見ておりましたところ、9月21日朝には37.5度の発熱がありましたため、PCR検査を実施した結果、9月23日に陽性であることが確認されました」と報告。

 今後は保健所の指導により、「発症日である9月20日から10日間の療養期間を目安に経過観察することとなりました」と説明。また、メンバーの丸山隆平とマネージャー1名が濃厚接触者に該当したが、23日、PCR検査を実施したところ、メンバー、マネージャーともに全員陰性と診断。その上で「メンバーの丸山とマネージャー1名につきましては、濃厚接触者に該当していることから2週間の隔離生活により、経過を観察することとなりました」と伝えていた。