女優の多部未華子、EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典らが4日、映画『空に住む』(23日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。

【動画】役作りで悩んだことを明かす岩田剛典

 本作のストーリーの原点は、作詞家・小竹正人氏が手掛けた同名の小説。多部が演じるのは、両親が急死し孤独を抱える主人公・直実。叔父夫婦の計らいで大都会を見下ろすタワーマンションの高層階に住むことになり、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則(岩田)と出会う。彼との夢のような逢瀬におぼれながら、仕事、人生、愛の狭間で揺れ続ける彼女は、見失った自分を取り戻すことができるのか――。葛藤を乗り越えた末に大きな決断を下す。

 撮影時の思い出にトークが及ぶと、多部は「撮影中もほとんど、コミュニケーションを取らなかったので、いまだに(青山真治)監督がどういう人なのか分からない」と笑いつつ「大人のキャストの方にも囲まれて、静かな現場で落ち着いた空気感のなか撮影させていただきました。あまりキャピキャピはしなかったですね」と振り返った。

 また、岩田が演じたスター俳優・時戸について「この映画に出てくるキャラクターで一番ファンタジーで非現実。岩田さんも演じられるのが難しいのではないかと、毎日現場で思っていました」と語ると、岩田も「最初、脚本で見たときは、すごい変な人の役柄だなと。セリフも独特な言い回しで、自分のワールドをも持っているスター俳優の役で、自分の中でもいろいろと悩みました」と葛藤を明かした。

 それでも「根底にある二重人格、二面性を理解しているけど、段々と考えることをやめたみたいな。複雑な内面を持っている男性。少なからず自分もこの世界で、現実と表の世界とのギャップみたいなもので、共感できる部分は見つけられた」と自身と重ねる形で役に没入し「あとは現場の雰囲気に任せて演じきりました」と笑顔で話した。

 舞台あいさつにはそのほか、岸井ゆきの、美村里江、鶴見辰吾、永瀬正敏、岩下尚史、高橋洋、青山真治監督が出席した。