お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、今年38回目を迎える『サントリー1万人の第九』(12月6日・大阪城ホールで開催予定)の総合司会に起用された。「朗読ゲスト」を務めた昨年に続いて、2年連続の出演で、「今年は、司会というとんでもない大役のお話を頂きまして震える一方ですし、また『サントリー1万人の第九』に携われる喜びでいっぱいです」と抜てきに歓喜した。

【動画】「実際粗品に言われてそう」霜降り・せいやの“ワンコインものまね”

 昨年は、ベートーヴェンが交響曲第9番を作る上でのきっかけとなったシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を、お笑い芸人ならではのユニークな目線の演出で、会場を盛り上げた粗品。「佐渡裕さん率いる1万人の合唱、そしてオーケストラの迫力を生で体験し、今でも言葉にできない感情になったのを覚えています。母親も招待していたのですが、親孝行ができました」と振り返った。

 1983年に始まり師走の風物詩となった『サントリー1万人の第九』は、ベートーヴェンの「交響曲第9番(=第九)」を1万人が合唱するコンサート。今年度の開催は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年通り大阪城ホールに1万人の合唱団を集めての開催が難しい状況となっている。

 主催者は「大阪城ホールにお集まりいただける方々の人数が限られたものになるにしても、リモートによる歌声の投稿を受け付け、いっしょにミックスすることで1万人以上の歌声を世界に発信できるよう取り組みます」とコメント。詳細については、「全日本合唱連盟」のガイドラインと「1万人の第九感染対策アドバイザー(感染症対策の専門医2名)」の判断を受けて、10月中を目途に決定する。