NHK札幌放送局では、1972年の札幌オリンピック開催から間もなく50年を迎えることを見据え、「1972 SAPPORO VR Project ~みんなの写真でつくるタイムマシンで、旅に出よう!~」を企画。開催当時の札幌を立体映像(VR)で再現するため、1960~70年代の札幌の街並みがわかる写真を広く募集している。

【画像】ほかのもNHK札幌で進行中の企画イラスト

 オリンピックが残したものは、競技場だけではない。さっぽろ地下街や市営地下鉄など…オリンピックをきっかけに現在の街並みの礎が築かれた。それから50年ちかくが経ち、さらに札幌市では、2030年冬季オリンピックの招致を目指している。札幌の街は、また大きく変わっていくかもしれない。

 ある人にとっては「懐かしい」、ある人にとっては「見たことのない」、オリンピック開催当時の札幌にタイムスリップしたかのような映像体験を可能にするVR。1970年代前後に撮影された個人の思い出の写真も、“タイムマシン”づくりの貴重な資料だ。

 応募は、ホームページから。10月1日から12月25日まで。応募の際には注意事項を要確認。VRで再現した札幌の映像は、2021年春頃に放送、WEBや展示イベントなどで公開予定。

■ホームページ
https://www.nhk.or.jp/hokkaido/

■問い合わせ
NHKエンタープライズ北海道 (電話)011-207-2499(平日 前10:00~後6:00)