漫才トリオ・レツゴー三匹のリーダーで、タレントのレツゴー正児(本名:直井正三/なおいしょうぞう)さんが9月29日午後5時48分に大阪市内の病院で、肺炎のため死去した。80歳。2日に所属事務所の松竹芸能が発表した。葬儀は、遺族の意向により、近親者のみで執り行わた。

【写真】漫才トリオとして活躍したレツゴー三匹

 レツゴー正児さんは、1940年8月11日生まれ。香川県琴平町出身。漫才トリオ・レツゴー三匹のメンバーとして、1970年に『第1回NHK上方漫才コンテスト』で優秀敢闘賞を受賞。73年には『第8回上方漫才大賞』で大賞を受賞するなど人気を博した。レッゴー三匹のリーダーとして活躍する一方。講師としての才能も発揮し、多くの講演会で活躍していた。