俳優の田中圭主演、ヒットメーカー・鈴木おさむ氏オリジナルの脚本による、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(10月31日スタート、毎週土曜 後11:00~11:30)より、新たに4人の若手キャストが発表された。

【写真】黒板を背に教壇に立つ田中圭

 本作は、田中演じる“恐怖の進学校教師”が高IQ生徒たちに命を狙われるという異色の学園サスペンス。これまでに、副担任役に山田裕貴、生徒役に高橋文哉らの出演が発表されている。

 今回、発表されたのは、主人公の義澤経男(田中圭)が赴任する進学校で出会う教師や生徒を演じる、フレッシュなキャストたち。それぞれの立場で、義澤と彼を目の敵にする生徒たちの戦いの“目撃者”となる。

 その一人、“保健室の先生”=養護教諭・安田町子(やすだ・まちこ)を演じるのは、2018年『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日)で女優デビューを果たし、その後も数々の人気作で活躍している奥山かずさ。本作ではエリート高校に勤めながらもどこか学生気分が抜けず、常に明るいテンションで、ドラマのコメディパートを担う。町子は義澤と同僚教師・頼田朝日(山田裕貴)が“じゃれ合う”姿に思わず“萌えて”しまう女性。2人が仲良さげに会話していると、どこからともなく現れ、話に加わろうとする。奥山は「“陽”のポジションでドラマを盛り上げます!」と意気込みんでいるそうだ。

 さらに期待の新星・榊原有那、川瀬莉子、田中亨の3人が、義澤が担任を務める3年D組の生徒役で出演する。

 これまで『僕らは奇跡でできている』(関西テレビ・フジテレビ)、『Iターン』(テレビ東京)、『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日)などに出演してきた榊原は、クラスメート・大木薙(森田想)がやっているマッチングアプリで“パパ活”をする一方、内心いまの状況から抜け出したいという思いを抱いている宮下加奈(みやした・かな)を演じる。

 19年に放送された『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)の第6シーズンで女優デビューを飾った川瀬は、クラスメートで人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)に憧れ、少しでも近づきたいと思っている早川京子(はやかわ・きょうこ)役。

 連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)でマッシュルームカットがトレードマークの陶芸家志望の青年を演じ、強い印象を残した田中は、暴力でクラスを牛耳る剣力(高橋侃)に逆らえずにいる男子生徒・玉木譲(たまき・ゆずる)を演じる。

 半年の間に3人もの担任教師が逃げ出した問題多きクラスで、加奈、京子、譲らもまた、義澤VS高IQ生徒の争いに巻き込まれていくことに…。やがて生徒の間で保たれていたバランスが崩れたとき、事態は思わぬ方向へと発展していく。

 3人はそれぞれ「義澤先生の言葉を加奈が胸にどう刻むのか、考えながら演じたいです」(榊原)、「タイトルだけでも興味を引く作品の中にどう自分が関わっていけるのか楽しみです」(川瀬)、「このドラマを作る一員として、しっかりと地に足つけて撮影に取り組んでいきます」(田中)と気合い十分だ。