俳優の北村匠海・小松菜奈・吉沢亮がきょうだい役で共演する映画『さくら』(11月13日公開)で、映画初出演を果たした欅坂46の小林由依。その彼女が優しい表情から、力強い表情を見せる場面写真が2日、解禁になった。

【別カット】凛々しい表情を見せる小林由依

 原作は、直木賞作家・西加奈子氏の同名小説で、50万部を突破したベストセラー。5人と1匹の愛犬・さくらが織りなす家族の物語が描かれる。主人公で平凡な次男・薫を北村、破天荒な妹・美貴を小松、ハンサムで人気者の長男・一(はじめ)を吉沢。そして、3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じる。

 スクリーンデビューを飾った小林は、オーディションで本作への出演を勝ち取った。演じる大友カオルは、小松が演じる美貴に初めてできた友人。サバサバした性格で、友だちがいなかった美貴とも親しくなっていく。劇中では、方言指導で大阪弁を披露したり、アクションシーンにも挑戦するなど、存在感を放っている。

 場面写真は、物語で重要な役割を担う長谷川家の愛犬・サクラと触れ合う写真、卒業式で全校生徒の前でマイクを握りしめ発言する凛々しい姿が切り取られている。実生活では犬を飼ったことがないという小林だが、サクラに微笑みかけたわむれる可愛らしい姿、グループ活動とも重なる堂々とした姿など、さまざまな一面を見ることができる。