俳優の小栗旬と星野源が共演する映画『罪の声』(30日公開)のスペシャル映像とメイキング写真が1日、解禁になった。

【動画】「声をめぐる謎篇」のスペシャル映像

 原作は、フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティーに溢れた物語で話題に。小栗が昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる大日新聞の新聞記者・阿久津英士、星野が京都で亡くなった父から受け継いだテーラーを営む曽根俊也を演じている。

 スペシャル映像は、9月下旬からWOWOWにて放送された「声をめぐる謎篇」「製作の舞台裏篇」「映画を彩るキャスト篇」の3本が公開。本編映像やメイキング映像がふんだんに使われ、映画の内容を先取りできる。さらに、小栗と星野も出演し、映画の感想や見どころ、お互いの印象を語っている。

 メイキング写真は、小栗が英語を駆使してイギリスで撮影に臨む姿、星野が“テーラー”という役に取り組む姿、土井裕泰監督と真剣に話し合う2人の姿など、現場の緊張感が伝わってくるものになっている。