東洋水産の人気カップ麺『マルちゃん「赤いきつね緑のたぬき」』が、42年の歴史で初となる“フルCG”で制作した新CMを放送することが1日、発表された。長年、同商品の顔を務めている俳優・武田鉄矢は、人生初のCG撮影に「普段の撮影とは全然、違う」と語りつつ、「きょう初めて完成版を見ましたが、よく出来ておりますな。まさか自分がこの手の映像のキャラクターになるとは、思ってなかったから驚きました。中々の出来栄え、心より感謝しております」と笑顔を浮かべた。

【動画】武田鉄矢、”街中でたぬきに遭遇”話しがまるで金八先生の説法に聞こえる!

 5日より放送開始の新CM「天ぷら月」篇は、「赤いきつね軍」大将の武田、「緑のたぬき軍」大将・濱田岳の対決を描く。そのほか、赤いきつね軍の参謀役の声を声優・花江夏樹、緑のたぬき軍に使えるくノ一役の声を三森すずこが演じ、CM楽曲には、ロックバンド・MAN WITH A MISSIONの「evergreen」が起用された。

 濱田も「実写では表現しきれない部分をCGで補ってもらったので、とても心強い。鳥肌が立ちました!」と太鼓判。MAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニー、DJサンタモニカも駆けつけ、武田と濱田へ“きつねとたぬきの被り物”をサプライズでプレゼントしていた。

 イベント後の取材では、それぞれ「CGで演じてみたい役柄」を問われ、濱田は「それこそ、男の子心としてアベンジャーズのようなスーパーヒーローにもなれる。ただ『ジャパニーズ・ハルク』という題名で結局、金太郎の格好をしそうですけど」と笑い、武田は「頭に浮かぶのはスパイダーマン。飛ぶだけじゃなく、手から糸を出すのはいいですよね」と想像を膨らませていた。