人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が、栄養ドリンク『タフマン』シリーズの新CMキャラクターに起用され、10月5日から放送される『なまはげ』篇に出演する。今回のCMでは、災いを払う山の神の化身ともいわれる“なまはげ”のボスに変身。なまはげを率いて人々の疲れを撃退していくシーンが印象的なCMにちなみ、自身が撃退したいことについて「年齢とともにいろいろ経験していく中で、その自分の弱さも知ってきているので、自分と戦う(ようにして)弱さを撃退しながら、頑張っていけたらいいなと思っています」と話している。

亀梨和也のCM出演歴

 CM内では、仕事や家事に疲れた人たちに向けて健康と元気を祈り、鼓舞するようなエネルギーに満ちた迫力ある舞を披露。撮影には、秋田県でなまはげの伝統を継承する団体のメンバーが参加し、本物の衣装とお面を提供した。お面はすべて、日本でただ一人のなまはげ面彫師・石川千秋さんの手による木彫り作品を使用。伝統あるなまはげの衣装をモチーフにしながらも、現代的要素を加えた衣装でボスとしての力強さを持ちながら、神秘的で優雅な美しさを表現している。

 撮影が行われた日は、気温が30度を超える真夏日。そのなか松明に見立てたバーナーを小道具として使用し、広い空間を持つ倉庫において、換気を行いながら撮影が行われた。高い気温とバーナーの熱により、撮影が進むごとに室温はヒートアップ。大変な暑さのなか、炎に囲まれ、激しく舞うという、まさに“タフさ”が求められる撮影となった。

 現場入りした亀梨は共演するなまはげ役の方々に声をかけ、会話を楽しむ姿も。過酷な環境下で演技の後には、涼んでもらおうとスタッフがスポットクーラーを持ち込むと、自分のためには使わず、なまはげ役の一人ひとりに冷気が届くようにホースの先を向けてあげるという“ボス”らしい気遣いをみせていた。

 また、スムーズに進行した撮影のなかでも缶を手でひねり、顔がアップになる場面は何度もテイクが重ねられた。亀梨の瞳に炎が映りこむという幻想的な映像を作るために、バーナーを手に持ったなまはげ役のキャストが、亀梨を取り囲むが、立ち位置や顔の向きが少し違うだけでもイメージどおりの映像にならないという難しいシーンに。だが、火に囲まれた状態でカメラ前に長い間立ち続けた亀梨は、最も美しいカットが撮れる角度が見つかるまで試行錯誤。肉体的にも精神的にもタフさが求められるなか、持ち前の集中力でみせキメの表情にも注目だ。

 「なかなかタフな撮影でした」と振り返る亀梨は印象に残ったシーンを「全部ですね。設定もそうですけど、なかなかこういったシチュエーションで撮影する機会もないですし、衣装もメイクも普段こういった形っていうのはないので、すごく新鮮でした」と紹介。「あれだけ強じんな方たちを後ろに引き連れて舞うことができて、もうホントにまさにタフマンになった気分です」とご満悦だった。