2016年に覚せい剤取締法違反罪などで有罪判決を受けた俳優の高知東生(55)が9月30日、自身のツイッターを更新。4年間の執行猶予期間が同日に満了することを報告した。

【動画】依存症啓発動画を公開した高知東生

 高知は「本日2020年9月30日をもって無事執行猶予の満了となりました。4年間の執行猶予期間、適切な支援に繋がれなかった最初の2年間は孤独で『俺なんか死んだ方がよいのではないか』と真っ暗闇の中にいました」と思いを告白。それでも「2019年2月に依存症の支援者らと繋がれたことで、絶望から希望への光が見え、こうして生きています」と記した。

 続けて「けれどもその無償の愛を捧げて下さった皆様に包まれるうちに、僕はもう一度人を信じ、人を頼ることができました。その優しさ、思いやりの精神を学びに変え、僕も人に優しく、思いやりのある人間に変わっていきたいと努力中です」と伝え「自分勝手だった僕も、55歳になってやっと成人式を迎えられた気持ちです」とつづった。

 次の投稿では「また同じ依存症という病気に苦しみ悩む当事者や家族の仲間達や、清原さんら同じ自助グループの仲間には本当に助けられました」と明かし「夜中、苦しむ僕の元に、仲間が地方から駆けつけてくれたこともありました。これからは仲間達に助けて貰うだけでなく、仲間達を助ける側にまわりたいと思います。感謝を込めて」と結んだ。