元プロレスラーで参議院議員としても活動したアントニオ猪木(77)が30日、都内でデビュー60周年記念会見を開催した。

【写真】デビュー60周年!飾られたこれまでの試合写真

 猪木は、1960年9月30日に台東区体育館で大木金太郎選手を相手にプロデビュー戦を行った(当時は本名の猪木寛至名義)。きょう2020年9月30日は記念すべきデビュー60周年の節目の日となる。

 心臓の機能が低下し、全身に充分な血液を送ることが難しくなる心アミロイドーシスという難病を患っていることを公表しているが、猪木は登場するなり、おなじみの「元気ですか~」を全力で披露。直後に「大きな声を出しちゃいけないんだった(笑)。でも、これを言わないと俺は締まらない」と軽快にトークした。この日はシルクハットをかぶって登場したが「なんの意味もない」と笑いながらも、ウイスキーの『ジョニーウォーカー』が力道山さんとの思い出の品であることを明かし、そのコスプレだったことを説明していた。

 「60周年。60年、生きていないと思ったけど生かされてしまいました。仲間たちも皆、旅立ってしまって、1人取り残された」とこれまでを振り返り、しみじみ。「コロナの親分を呼びつけて『お前、そろそろ帰ってもいいころな』と言ったら、うなずいてましたね」と得意のダジャレで笑いを巻き起こすと「あしたに向けて、来年に向けて思い切って、いろいろな活動をしようと思っています」と力強く語っていた。

 中邑真輔、オカダ・カズチカといったトップレスラーや、坂口征二、木村健悟、小林邦昭、藤原喜明、ヒロ斎藤といった往年の名レスラー、古舘伊知郎、明石家さんまといった芸能界からも祝福のコメントが届いた。質疑応答では、菅義偉新政権が誕生し、元政治家として意見を求められると「コロナで踏んだり蹴ったり。誰にすがればいいんだろう。アイム・ソーリー」と笑わせた。

 最後は、もちろん全力の「1、2、3、ダー」で締めくくり、60周年イヤーの幕開けを自ら宣言した。

 60周年を記念して、猪木のマネージメントをするコーラルゼット社と関連企業は、2020年9月30日から2021年9月29日までの1年を『アントニオ猪木デビュー60周年記念イヤー』と位置付け、さまざまな制作物やイベントを行う。双葉社から『アントニオ猪木 世界闘魂目録』という書籍ほか、東京サウンド・プロダクションから『アントニオ猪木 Blu-ray BOX』、麻原酒造からデビュー60周年記念の日本酒ボトル、ジュウロクホウイから記念フィギュアが発売。JTB主催の猪木と楽しめるツアーも来年1月16日17日に計画されている。