シンガー・ソングライターのYae(44)が29日、都内で行われたデビュー20周年記念コンセプトアルバム『On The Border』(10月7日発売)のリリース記者会見に出席。母で歌手の加藤登紀子(76)がプロデュースを手掛け、国境、人種、宗教を超えて母から子へ、その先の未来へ遺したい楽曲をセレクトした。

【写真】リリース記者会見で高らかに歌うYae

 今回、母・登紀子からボーカルディレクションを受けたYaeは「大変な部分もあったけど、私的には、とてもいい親子の時間を過ごせたし、歌手としても音や声に集中してレコーディングできたことは初めてでした。音楽の一番大切なものを今回、指導してもらったのはすごくいい機会でした」と充実感たっぷりに回顧。

 登紀子は「プロデュースを務めるとあって、母という気持ちはなくし、アーティスト同士の関係でいたいなと思いました」と語り、「この時代を生き切るという祈りのアルバムに仕上がりました」とアピールした。