データ分析会社のサイカは、きょう29日より次世代型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA(以下アドバ)」を提供。テレビCMのすべての出稿プロセスに、データサイエンスが実装され、データ分析に基づいて売上などの事業成果にコミットする、成果報酬型のテレビCM出稿サービスとなる。

【動画】「XICA ADVA」ブランドムービー

 従来のテレビCM出稿サービスは「テレビCMをどれだけ放送するか(出稿量)」を約束できても「テレビCMを放送することで、どれだけ商品やサービスが売れるか」を約束することはできず、企業にとっては、テレビCMを出稿しても事業成果にどれだけの効果があったかについてはわからなかった。

 そこで、アドバでは、テレビCM出稿のROI(投資対効果)を最大化することができる、国内初の売上などの事業成果にコミットする成果報酬型のサービスを提供。テレビCMによって得られる事業成果を、出稿前にシミュレーションできる分析システムを構築したことで、成果報酬モデルを実現した。

 アドバでは、テレビCMへの投資額の決定から、エリア配分、局配分、線引き(出稿する曜日、時間帯 、番組などの選定)、フライトパターン(出稿期間中の出稿量配分)にいたるまで、テレビCMのすべの出稿プロセスにおいて、定量的な評価に基づき、売上などの事業成果を最大化する出稿プランを算出することが可能。これにより、「どれだけ商品やサービスが売れるか」を約束し、テレビCM出稿前に確約した事業成果を獲得できなかった場合は、管理進行費の支払いが不要となる。

 2020年中を目安に、アドバのサービスラインナップを拡充し、テレビCMのクリエイティブ制作をデータサイエンスにより支援する「ADVA CREATOR」を提供開始する予定となっている。