お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が10月1日放送のフジテレビ系『3人のシングルマザー~すてきな人生逆転物語~』(後9:00)で2012年放送の『緑川警部 VS 「33分の勇気」』(TBS)以来、8年ぶりにドラマ出演することがわかった。主演の木村多江演じるシングルマザー・水川早苗の勤務先のコンビニエンスストアの店長・桑野を演じた柴田は「バラエティー番組とはまた違う緊張感で、気づいた時には背中がびしょびしょでした」と率直な感想を明かしている。

【写真】長谷川京子の娘役を演じる福本莉子

 今作は木村のほか長谷川京子、貫地谷しほりが演じる、苦境に立たされた3人のシングルマザーが、あるきっかけで人生を好転させた奇跡のような実話をオムニバスドラマ形式で描く特別番組。柴田は2人の息子を東京大学合格へと導いたシングルマザーの奇跡の物語『東大とグリーンカレー』に出演。木村とは今作が初共演となる。

 桑野は、女手ひとつで思春期の息子たちと向き合いながら、仕事にも真面目な早苗をいつも気遣っており「息子さんへ」と差し入れを持たせたり、一日中働いている早苗を心配したりと心優しい上司。早苗を励まそうと冗談を言うも、たまに空回りしてしまうことも。常連客からも親しまれる桑野として見せる、バラエティー番組とは違った表情にも注目だ。
 
 台本を読み柴田は「自分の子供が東大に入るなんて、どんな気持ちなんだろう?しかも二人も!と思いました」と感心。「演じたというよりも、自分が店長だったらこう立ち振る舞っているかなと、想像しながらやらせていただきました」と撮影を振り返り、「ストーリーの面白さはもちろん、私のぎこちないコントと見間違えてしまう程の必死な演技にも注目とダメだしをお願いします」と謙虚に語っている。