NHKの連続テレビ小説『エール』(月~土 前8:00 総合ほか※土曜は1週間の振り返り)。人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)と妻・音(二階堂ふみ)の物語は、いよいよ戦争の時代へ。第15週「先生のうた」(第70回~第75回:9月21日~9月25日)では、さまざまな「先生」が描かれた。

【写真】『エール』第15週より。小山田先生が久々に登場

 昭和12年。日中戦争が勃発。世の中に戦時色が漂いはじめるが、多くの国民の暮らしに大きな影響はなかった。ある日、裕一は新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見かけ、作曲する。レコード会社に持ち込むと、ちょうど廿日市誉(古田新太)と杉山あかね(加弥乃)が、B面に採用されることになった「露営の歌」の作曲家を探していて、即採用。歌も佐藤久志(山崎育三郎)に決まった。レコードが発売されると、A面の明るい曲より、哀愁を帯びたB面の「露営の歌」が大衆の心をつかみ、出征する兵士の見送りに歌われ、50万枚を超すヒットに。裕一は廿日市から「古山先生」と呼ばれるようになる。

 裕一は「露営の歌」のヒット記念に音と娘の華(田中乃愛)にオルガンをプレゼント。音は、子どもたちを集めて音楽教室を開くことを思いつく。バンブー店主・恵の協力もあって、音楽好きな母のトキコ(徳永えり)と二人暮らしの少年・梅根弘哉(外川燎)をはじめ、子どもたちが集まって、音は音楽教室の「先生」に。しかし、音程を外してばかりの弘哉に、ほかの生徒から不満の声があがる。教室を辞めようとしていた弘哉に、裕一はハーモニカを教える。弘哉のハーモニカは大好評。華もなついて家族ぐるみでつきあいを深めるようになる。

 音の姉・関内吟(松井玲奈)の夫・智彦(奥野瑛太)から、自身が勤める陸軍・馬政課で作る映画「暁に祈る」の主題歌を作曲してほしいと頼まれた裕一。作詞は村野鉄男(中村蒼)、歌い手は久志、“福島三羽ガラス”で手掛けることを条件に引き受ける。ところが、鉄男の歌詞は何度書き直しても了承を得ることができず難航し、6回連続不採用の挙げ句、クビを言い渡されてしまう。鉄男が降板するなら、自分も降りると言った裕一に、もう1回だけチャンスが与えられる。しかし、鉄男はすっかり自信を失くしてしまい…。歌詞を書くきっかけをつかもうと、裕一は鉄男を連れて福島に帰ることに。久しぶりに顔を出した実家に、なぜか久志も来ていて。にぎやかになった古山家に藤堂先生(森山直太朗)が、昌子(堀内敬子)と息子を連れてやってくる。

 裕一から連絡をもらっていた藤堂先生は、鉄男の悩みを聞く。作詞がうまくいかないと話す鉄男に、藤堂先生は「実は、出征することになった」と告げる。それぞれの人生に大きな影響を与えた「先生」の出征に複雑な気持ちになる裕一たち。藤堂先生から「俺のことを思って書いてみてくれないか?」と言われた鉄男は、戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら歌詞を書き上げる。その歌詞は見事採用され、昭和15年に、映画「暁に祈る」が公開されると、映画も主題歌も大ヒット。藤堂先生は、教え子3人の曲とともに戦地へ旅立った。

 第15週では、独学で作曲を学んだ裕一の「先生」代わりだった教本「作曲入門」の著者で、日本を代表する作曲家・小山田耕三(志村けん)も登場。小山田も戦時歌謡を手掛け、裕一の活躍ぶりをかなり意識しているようで…。

 1年後、“愛国歌謡といえば古山裕一”といったイメージが定着しつつあった裕一は、ラジオ局員・丸井から戦果の盛り上がりを歌で伝えるラジオ番組で流すニュース歌謡の作曲を頼まれる。一方、音の音楽教室では発表会をやることに。その数日後、太平洋戦争が開戦する。

■第16週「不協和音」あらすじ
 昭和16年に太平洋戦争が勃発、裕一は戦時歌謡に加え、ニュース歌謡の作曲にも携わるようになる。久志は福島に帰郷し慰問活動、鉄男は新聞記者の仕事に戻って、3人のタッグによる活動は休止するなど、時代の荒波が押し寄せていた。音も自宅で開いていた音楽教室を閉めざるを得なくなり落ち込んでいたが、戦意高揚の音楽活動を行う“音楽挺身隊”に参加することになり…。