TBSラジオ『ACTION』(月~金 後3:30)が、25日の放送をもって最終回を迎えた。昨年4月のスタートから、多彩な曜日パーソナリティーが「番組を通じて、パーソナリティーやリスナーが、様々なヒントに気付き、動いてみる。欲を言えば楽しく、よりよい社会を目指したい」をテーマにそれぞれの興味を生かした企画などを行ってきたが、この日の放送をもって1年半にわたる歴史に幕を閉じた。

【動画】ACTIONでブックフェア企画 パーソナリティーが推薦理由語る

 『ACTION』は、1995年4月から放送されてきた『荒川強啓デイ・キャッチ!』の枠を24年ぶりに改編して、昨年4月よりスタート。各曜日のパーソナリティーは、月曜から順に脚本家の宮藤官九郎、クリープハイプの尾崎世界観、Creepy NutsのDJ松永、作家の羽田圭介氏、ライターの武田砂鉄氏が務め、アシスタントは幸坂理加が月曜から金曜までを担当した。

 番組ではこれまで、午後5時台のコーナー「東京都知事選」「防災・災害対応」などを考える企画、毎週火曜日に行われている企画「街の本屋さん応援プロジェクト」をきっかけとして、「ラジオ」「ネット」「書店」をつなぐオンラインブックフェア、映画『ぼけますから、よろしくお願いします。』副音声トークイベントなどを開催してきた。

 最終週の初日では、番組冒頭で幸坂が仙台在住の一般男性と婚約したことを発表。宮藤がさまざまな業種の人々からひたすら愚痴を聞く人気コーナー『宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど』が、10月2日から新番組としてスタートすることも発表された(毎週金曜 後9:00)。放送後には、オンライン映画祭Vol.2として、宮藤、番組準レギュラーの伊勢志摩、幸坂、映画評論家の江戸木純氏とともに、チケット購入者は史上最低の映画監督エド・ウッドによる、伝説の最高傑作『プラン9・フロム・アウタースペース』を鑑賞しながら、4人が“副音声的”な感想・解説トークを行っていった。

 火曜には、最初も最後も落語家の立川談春がゲストコーナーに登場し、コロナ禍での落語、師弟関係などについて尾崎が迫っていった。水曜は、松永にとって、HIP HOPとラジオの師匠である宇多丸、松永がライブ鑑賞にいった際に“心の胸ぐらをつかまれた”という乃木坂46の齋藤飛鳥が生登場。木曜には、同局の『たまむすび』では“ブルボン小林”として知られ、羽田氏が憧れている小説家の長嶋有氏が生出演を果たした。

 月曜から木曜まで、各パーソナリティーがそれぞれの方法で番組への感謝と思いを述べていきながら迎えた金曜日。先週放送で、幸坂の家族に行ったインタビューを紹介していた武田氏が、幸坂の結婚電撃発表や番組の意義などを語りながら、初回放送で「幸坂理加のACTIONになる」との予言をしていたと回顧。武田氏曰く「存在感の強すぎる自称パセリ」である幸坂から、番組の最後にコメントが寄せられることが予告された。

 エンディングで、幸坂は涙声で「秋田からやめて出てきて、どこの馬の骨かわからない私をやさしく受け入れてくれてありがとうございました。プロだから泣いちゃいけないと思っていましたが…」とコメント。武田氏とともに、番組の歴史を振り返っていき、武田氏が「ラジオって面白い」と口にする中、リスナーへの感謝を伝え、パーソナリティー全員の名前を読み上げる形で、番組を締めくくった。

 28日からは、『荻上チキ・Session-22』(月~金 後10:00)が枠移動した新番組『荻上チキ・Session』(後3:30~5:50)がスタート。番組で培ったエッセンスを存分に生かしながら、ビビッドなニュースを伝えていく。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。