12月4日(金)~6日(日)の3日間、オンライン開催される『東京コミコン 2020』で予定されているバーチャルサイン会に、今年、映画公開35周年を迎えた人気映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などでおなじみのマイケル・J・フォックスの参加が決定したことが発表された。

【画像】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のビジュアル

 マイケル・J・フォックスは、テレビドラマシリーズ『ファミリータイズ』で主役を演じ、全米で人気を得た後、世界的大ヒット作となった『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主人公マーティ・マクフライとしてシリーズ全3作に出演。最も著名なハリウッド スターの1人とななった。東京コミコンへの参加は今回が初となる。過去には日本企業のCMにも出演するなど、日本との関わりも深く、参加が望まれていたレジェンド・セレブの一人だ。

 なお、バーチャルサイン会のチケット発売は10月上旬~中旬を予定。詳細はオフィシャルサイトで案内する。なお、今回のバーチャルサイン会企画は、本人との会話はできない。本人の健康上の理由から内容が変わることや、新型コロナウイルスなどの影響により、開催の中止または延期となる場合もある。