俳優の堤真一、岡田健史、女優の石田ゆり子、堤幸彦監督が27日、都内で行われた映画『望み』完成披露試写会に登場した。

【写真】岡田健史らも登壇した完成披露試写会の模様

 映画で堤と石田は夫婦役を務めているが、本当の夫婦だった場合、相手に“望む”ことを聞かれると堤は「何にもないです」と笑いながら即答。撮影エピソードを交えながら理由として「ちょっと、とんちんかんみたいなところがあるので」と石田の人柄を伝えた。

 すると、石田は「何もないのは嘘です。嘘、嘘!」とツッコミを入れ、「私は撮影中に堤さんから、『本当に(撮影)手順を覚えない人だね!』と言われ続けていたので…。ちゃんとやってくれ!と内心思っているはず」と話した。

 石田の面白いエピソードとして堤は「いろいろと作業をしながらせりふを言っていて、一から覚えていないんですよ。最初に『布巾を取りました』があったとしたら、布巾くらいは覚えているはずなのに全く覚えていない。こんな人いるんだな~、天然記念物」とイジった。

 せりふとともに何か作業することは苦手だという石田。洗濯物をたたむシーンは苦労したそうで「私は本当にそういうの覚える能力がなくて、ヤバイなと自分でも思うくらい忘れてしまうんですよ」と照れ。これを聞いて堤監督は「だからカメラマンは(石田の)手先を切っていたのか。そういうの結構ありますよ」と笑いを誘った。

 同作は、モデルハウスのような高級住宅で暮らす“石川家”を描いた作品。誰もがうらやむ家庭だったが、高校生の息子・規士(岡田)がけがでサッカー部を辞めて以来、無断外泊を繰り返すようになる。ある日、家を出たきり行方がわからなくなると、規士の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察からは、規士が事件に関与した可能性が高いと告げられ、行方不明は3人。犯人と見られる逃走中の少年は2人。犯人であっても生きていてほしいと願う母(石田)と、息子の無実を信じたい父(堤)の家族の“望み”が交錯していく。