俳優の京本政樹、君沢ユウキ、砂川脩弥、井上正大、声優の蒼井翔太が25日、都内で行われた『ブシロードゲーム祭り』新プロジェクト発表会に出席。ブシロードの新たなメディアミックスプロジェクト『ROAD59 -新時代任侠特区-』に参加することが、発表された。

【画像】『ROAD59 -新時代任侠特区-』キャラクタービジュアル

 同プロジェクトは、新時代の任侠エンターテイメント。『バンドリ!』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』『D4DJ』に続く新たなメディアミックスプロジェクトで、欲望が渦巻く街でそれぞれの組織の思惑が交錯し、ぶつかり合う。第1弾として、12月24日から27日にかけて、なかのZERO 大ホールにて舞台上演が決定。今後も、さまざまなコンテンツでの展開が予定されている。

 君沢が演じるのは、時代のしがらみにとらわれない、自由な気風の組・春雲組の実質的リーダーで、やる時はやる男・八薙バクト。京本は、春雲組の組長・結津万清信。砂川は、伝統と格式を重んじる関西系の狛浪組の若き組長代行・氷室ショウ。井上は、金と権力でのし上がった天海区の最大勢力・黒条組の組長・皇賢誠。蒼井は、海外マフィアの連合組織・PHOENIX(フェニックス)の日本支部リーダー・ベネディクト・ロレンツォ・ヴァザーリを演じる。

 京本は「みんなとは倍ほど年齢が違うので、実年齢に近い挑戦だと思って楽しみにしています。組長はほぼ初めての挑戦と言ってもいいくらい」と意欲。君沢は「多くの人に、長く愛していただけるように頑張ります!」と力強いコメントを残した。

 また、本作の主題歌をGACKTが担当することも発表された。GACKTは「息苦しいと思うことが最近多いです。本当の意味でぶち壊す、闇を打ち破る。そんな思いで曲を仕上げました。華々しいスタートになるよう、全力を尽くして応援していきます」とビデオでメッセージを寄せた。