俳優の渡辺徹が、プロデュースを手がけるお笑いライブ『徹☆座5 渡辺徹☆プロデュースお笑いライブ2020』(配信チケットはチケットぴあで発売中)が、22日に開催される。例年、観客を入れた形で行われてきたが、新型コロナウイルスの影響で、今回は無観客・生配信という形で行われる。

【動画】『徹☆座5 渡辺徹☆プロデュースお笑いライブ2020』スポット映像

 毎年、芸人の顔ぶれが豪華である同公演だが、今回も、中川家、サンドウィッチマン、ナイツ、友近、U字工事、和牛、なすなかにし、カミナリ、TKOの木本武宏が集結。超豪華な芸人たちによる珠玉のネタはもちろん、無観客の客席もセットとして、出演者は客席を背にしてネタをするなど無観客で配信ならではの企画も用意されている。

 さらに『芸人のど自慢大会』や舞台裏からの企画など、見応え満載。先日、ORICON NEWSのインタビューに応じた渡辺は「音楽とか芝居とか笑いっていうのは、どこの国でも昔から脈々とあるものなので、人の営みには必要なものなんでしょう。コロナが非常に危ないと言われていますけど、やっぱりそういったものはなくなっちゃいけない。やり方が大変だったりしますけど、途切らせないことが大切だなと考えています」と言葉に力を込めていた。