人気グループ・A.B.C-Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)が23日、東京・日枝神社で行われた映画『オレたち応援屋!!』(10月23日公開)大ヒット祈願イベントに登壇した。先日、大先輩・少年隊の錦織一清と植草克秀がジャニーズ事務所を退社したが、グループ名は継続することとなり、河合は「エンターテインメントとして人を喜ばせること。それぞれ3人がそういう精神をしっかりもって、3人でお客さんにパフォーマンスしていく。その部分は僕らもしっかり見習って受け継いでいかなければ」と奮起しながら決意をにじませた。

【写真】HiHi Jets・猪狩蒼弥&井上瑞稀も登場!

 元々、舞台発の『応援屋』は錦織が原案した作品とあって、河合は「少年隊さんとのお仕事も錦織さんに『応援』をつくっていただけなければ映画にもなっていなかった」としみじみ。錦織の演出した作品に数多く出演してきた戸塚は「錦織さんには演出・指導もたくさんしてもらいましたし、僕らも少年隊の舞台でエンターテインメントをすべて教わったといっても過言ではない。お三方は新しいステージには行きますけど『少年隊』は不滅というのが最高のエンターテインメントの形。まだまだ少年隊を追えるんだとすごくうれしい」と尊敬を表した。

 ジャニー喜多川さんからは少年隊の楽曲を踊る際にはよく怒られていたそうで、「振り付けを覚えるだけではだめだったみたい。『これは少年隊が何日もかけてつくったんだよ』って」と苦笑すると、塚田は「『ABC』という曲を見よう見まねで覚えてたら『ユーたち! これ一曲に一体いくらかかってると思ってるの!」とものまねで再現。すると河合が「正確にいうと(タイトルは)『ONE STEP BEYOND』」とすぐさま訂正。やらかしてしまった塚田に、戸塚は「英語だからあってるよ」と優しくフォローして笑いを誘った。

 また最近、得意のモノマネでテレビ番組に引っ張りだことなっている河合は、リポーターから「もし、少年隊のみなさんがこの場にいたらどうコメントするか」と“無茶ブリ”される場面も。東山紀之っぽい振りつきでモノマネするサービス精神をみせた河合は、報道陣の反応に「きょうは一番ウケました」とご満悦になりつつ「こんな時にやってよかったのかな」と首をかしげていた。

 同作は、A.B.C-Zが2012年より単独で座長を務める大人気舞台“ABC座”の第5作目『ABC座2016 株式会社応援屋!! ~OH&YEAH!!~』が原案。人気テレビドラマ『おっさんずラブ』の脚本を務めた徳尾浩司が、世界観はそのままにキャラクター設定などを一新し、新たな物語を紡ぐ。映画の前日譚として、舞台『ABC座2020 オレたち応援屋!! On Stage』も10月3日より日本青年館ホールにて上演されることも決定している。

 このほか小島藤子、ジャニーズJr.のHiHi Jets(井上瑞稀、猪狩蒼弥)、真飛聖、竹本聡志監督らも登壇した。