1968年からの3部作、2005年に平成版が公開された映画『妖怪大戦争』が、令和の時代とともに『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のタイトルで16年ぶりに製作されることが23日に発表され、主演を人気子役の寺田心(12)が務めることが決まった。メガホンをとるのは、前作に続き三池崇史監督。寺田は「妖怪のあまりにリアルな作りと演技に撮影中はドキドキしっぱなしでした」と現場の様子を語っている。公開は来年予定。

【写真】前作に続きメガホンをとる三池崇史監督

 68年に公開された『妖怪大戦争』は、『妖怪百物語』『東海道お化け道中』とあわせて“大映妖怪三部作”とも呼ばれる作品。05年の平成版は、神木隆之介が主演を務め、興行収入は20億円を記録した。

 本作の脚本を担当するのは、『20世紀少年』シリーズや『GANTZ』シリーズなどを担当してきた渡辺雄介氏。製作総指揮には、KADOKAWAの取締役会長・角川歴彦氏、作家の荒俣宏氏が名を連ねる。誰もが知る有名妖怪を始め、オリジナルの妖怪、世界中のモンスターも加わるという。

 寺田が演じるのは、埼玉県・所沢市に住む小学生で伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ渡辺兄。巨大な妖怪獣が東京に向かい、世界が滅ぶのを阻止するために“世界を救う勇者”に選ばれた少年と、彼を巻き込んだ妖怪たちの大冒険が描かれる。さらに、劇中スチールも解禁に。迫りくる妖怪を背に光る剣を抜く、これまでの寺田のイメージと異なる凛々しい顔を見せている。

■寺田心コメント
僕が演じた兄(けい)は小学年5生「クラスにこんな子いたな」と思える等身大の男の子です。そんな兄がひょんなことから弟を、日本を、救う妖怪たちとの大冒険が始まります。僕はおばけとかそう言った類いのものが怖いので妖怪のあまりにリアルな作りと演技に撮影中はドキドキしっぱなしでした。また、初めてのアクションにも挑戦しています。いつもひとりでする空想戦いごっこが生かされたように思います(笑)。
前回の妖怪大戦争を見えいたので意識したのですが三池監督の丁寧なご指導もあり、僕は僕が感じた兄を演じられたと思います。皆さんも来年、ドキドキそしてハラハラな冒険を僕といっしょにしてみませんか?

■三池崇史監督コメント
今、こんな世の中だから、『アマビエ』さんが永い眠りから目覚めてみんなの前にその姿を現した。必然です。人間と妖怪はそういう関係です。だから今、新たな『妖怪大戦争』が生まれるのも宿命なのです。神木隆之介から寺田心にバトンが繋がれた。これもおそらく妖怪たちのご指名です。ならば見るのは人間の務め、ということですね。さあ、妖怪たちからのメッセージに耳を傾けよう。
追伸:え~と、出しちゃいけないでっかいヤツも暴れちゃうのでよろしく!