人気グループ・EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典と、俳優の新田真剣佑が共演する映画『名も無き世界のエンドロール』の公開日が、来年1月29日に決定したと17日、発表された。あわせて特報映像と場面写真も解禁になった。

【動画】映画『名も無き世界のエンドロール』特報映像

 原作は、2012年に『第25回小説すばる新人賞』を受賞した行成薫氏の小説。お互いに親がいない岩田演じるキダと、新田演じるマコトは少年期に出会い、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田杏奈)も交わり、支え合いながら平和に暮らしていた。しかし、20歳のときに起こった“ある事件”をきっかけに、彼らの人生は大きく狂い始める。キダは裏の社会、マコトは表の社会で、10年もの時をかけ、社会の底辺から必死にのし上がっていく。異なる世界に身を置く2人が、命がけで仕掛ける企みと、その結末に胸を打たれる衝撃のエンドロールが紡がれる。

 初の映像解禁となる特報は、キダ、マコト、ヨッチの3人が仲良く過ごす回想シーンからスタート。穏やかな時間から一変、その後はキダとマコトのシリアスな表情が映し出される。そしてラストは「俺はエンドロールを見守らなければならない」というキダのせりふで締めくくられている。

 また、中村アン演じるリサの父親で影響力をもつ大物政治家を石丸謙二郎、キダとマコトが働く自動車修理工場の社長を大友康平、裏の世界で暗躍する組織のトップを柄本明が演じることもわかった。