人気アイドルグループ・乃木坂46の遠藤さくら(18)が登場した、24日発売のテレビ情報誌『B.L.T.2020年11月号』(東京ニュース通信社)の表紙画像が公開された。“乃木坂46らしさ”をこれからも体現していく逸材の“儚さ”全開のグラビアを19ページの大ボリュームで掲載する

【写真】遠藤さくら 両面超ビッグポスター

 インタビューでは、コロナ禍の影響で思うような活動ができない中、「以前は、メンバーと会えることが当たり前だったから何気なく過ごしていたけれど、会えない期間を経験してからは“今”のありがたさをすごく感じます」と語った。

 また、乃木坂46からは、グループ最年少メンバーの筒井あやめがソログラビアに登場。16歳ながら知性と落ち着きを兼ね備えた彼女の魅力を存分に発揮した、これまで見たことがないほど“おとなっぽい”仕上がりになっている。

 同号では、“ニジマス”で親しまれている5人組アイドルグループ・26時のマスカレイドの新連載「ニジマスホリック」がスタート。1度体験してみたら思わずハマってしまうようなこと、中毒(ホリック)になってしまうようなことを経験し、メンバーの持ち味を「掘り」下げていく連載で、記念すべき第1回は“ニジマス”釣りに挑戦する。

 そのほか、今年10月で結成10周年を迎えるNMB48から、白間美瑠&吉田朱里の1期生ペア、次世代を担う梅山恋和&山本彩加の若手ペアが登場。「NMB48 10周年記念表紙版」として白間美瑠&吉田朱里の特別表紙ver.も発売される。