俳優の柳楽優弥が16日放送のフジテレビ系バラエティー『TOKIOカケル』(毎週水曜 後11:00)に初出演。城島茂が芸能界に入ったきっかけについて尋ねられた柳楽は驚きのデビュー秘話をテレビ初告白。実は「ジャニーズJr.のオーディションに応募していました」と明かす柳楽に「オーディションの合否は?」「憧れのジャニーズタレントは?」などTOKIOも興味津々となる。

【番組カット】MC初挑戦の柳楽優弥を盛り上げるTOKIO

 ゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれた事がないであろう質問をTOKIOがゲストにぶつける企画“生まれてはじめて聞かれました”では、国分太一が「次、何やる?」と質問。「子役から始めて、役者でいろいろな顔を見せてきた柳楽くんが、“芸能”で次にどんなことをやりたいのか聞いてみたい」と聞かれた柳楽は「とても憧れている、MCをやりたい」と明かす。

 意外な回答にTOKIOが驚くなか、実は彼らには内緒で柳楽とスタッフでこの日のために準備をしていた。「特にクイズ番組がやりたい」という柳楽は、念願のクイズ番組のMCに初挑戦する。『柳楽優弥のクイズタコス!』というハイテンションな柳楽の掛け声でスタートしたコーナーでは、いよいよ出題というタイミングで水を飲んだり、「正解ではないけど、僕が好き」という理由だけで正解者にしか与えられないはずの特典を与えたりと、マイペースな進行にTOKIOはすっかり困惑。

 一方、柳楽はシンキングタイムでマラカスを振りながら踊ったり、「3つのうちどれが激すっぱいタコスか?」という問題では自ら実演したりとノリノリ。そうかと思えば、「スタッフに言われたので…」と急に不安をみせるなど自由すぎる柳楽の姿に、長瀬智也は「こんなMC見たことがない!」、松岡昌宏は「新しいね! クイズMCの第7世代!」と盛り上げる。

 他にも、松岡が「芸能界でビビった人は?」と質問をすると柳楽は第57回カンヌ国際映画祭以来、16年ぶりに再会したという世界的有名人とのエピソードを披露する。世界レベルの衝撃エピソードにTOKIOを大興奮させる。

 バラエティー番組への出演が珍しいため緊張気味だった柳楽に、松岡らが「楽しんで」と声をかけてスタートした今回の収録だったが、柳楽は「すごく濃厚な時間を過ごし、楽しませていただきました。ずっと番組のMCをやってみたかったので、今回TOKIOさんに盛り上げていただき、セットまで作っていただいて感謝しています。初挑戦のMCで、こんなに丁寧にやっていただいて、一生忘れられない思い出ができました」とすっかり堪能した様子。

 「僕は10代から“圧倒的にかっこいいTOKIO”というイメージを持っていて、今回お会いして、本当にかっこよかったです。あまりにかっこいいので、自分も頑張らなきゃと気が引き締まりました。MC企画では、慣れない僕の進行をTOKIOさんに成立していただいて、めちゃめちゃ助けられました。面白くなっていたらいいなと思います。自分がMCの番組をいずれやってみたいので、できるように頑張ります!その時もTOKIOさんとご一緒できたらうれしいです」とラブコールした。