お笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹(35)が新型コロナウイルス陽性と診断されたことが15日、所属する吉本興業の公式サイトで発表された。

【写真】“吉本の宝”とまで称される顔面偏差値! 振り向きざまにキザなポーズを決める稲田

 発表によると稲田は13日の早朝に発熱があり、PCR検査を受けた結果、14日に陽性と診断された。発症日は12日とのことで、現在は自宅待機中だという。「濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処していく」としている。

 稲田は13日、自身のツイッターで「本日、体調を崩して念の為にお仕事を休ませて頂いてます! 今は体調も良くなってきてますが検査も受けましたので追ってご報告いたします!」と伝えていた。