日本を代表する漫画家・浦沢直樹氏が、漫画家たちの創作の秘密に迫る、異色のドキュメンタリー『漫勉』が、タイトルを『浦沢直樹の漫勉 neo』と改め、3年ぶりにNHK・Eテレで放送される(10月1日スタート、毎週木曜 後10:00~10:49)。

【写真】ナレーションを担当する葵わかな

 2014年にスタートして以来、これまでに18人の漫画家が登場。普段は担当編集 者ですら立ち入ることができない漫画家たちの仕事場にカメラが密着し、最新の機材を用いて「マンガ誕生」の瞬間をドキュメント。その貴重な映像を元に浦沢氏が同じ漫画家の視点から切り込んでいく。今回は、8人の多彩な漫画家が登場。一人一人全く違うペン先から生み出される「奇跡」が驚きと感動を巻き起こす。

 音楽への造詣も深い浦沢氏は、今回、新たにエンディングテーマ「漫画描きのバラード」も制作。「漫画家は日々悪戦苦闘しながら、白い紙の上にペン先で奇跡を起こし続けています。漫画が好きな方もあまり馴染みのない方も、皆さんにぜひ、このペン先が何かを生み出す瞬間をご覧いただき、漫画の面白さ、奥深さに触れてみて欲しい。そしてさらに漫画を好きになっていただけたらうれしいです」と、コメントしている。

 なお、ナレーションは女優の葵わかなが担当。「子どもの頃から、本や漫画が好きで、自分の好きな分野にお仕事として関われる事が本当に楽しみでした! #1を先日録りましたが、浦沢直樹さんも実際にいらっしゃって、自分の声が浦沢さんやチームの皆さんのイメージする番組に合わなかったらどうしよう…と内心、緊張
していたのですが、和やかに、そしてやっぱり内容が素敵な番組で、浦沢さんにも直接ごあいさつできて、感動で収録を終える事ができました。これから、この番組を盛り上げる一員として、頑張りたいと思います!」と、意気込みを伝えている。

 第1回に登場するのは、巨匠・ちばてつや氏。『ユカをよぶ海』『あしたのジョー 』『のたり松太郎』など、少女漫画から少年漫画、青年漫画まで、あらゆるジャンルで活躍してきた国民的作家。81歳になった今も描き続ける『ひねもすのたり日記』の制作現場に密着、感動の一コマが生まれる瞬間を目撃する。そして『あしたのジョー』の意外なエピソードも。

■放送予定
10月1日:ちばてつや 描く作品『ひねもすのたり日記』
10月8日:岩本ナオ 描く作品『マロニエ王国の七人の騎士』
10月15日 :すぎむらしんいち 描く作品『最後の遊覧船』
10月22日:星野之宣 描く作品『海帝』

※今後 の ラインナップ
諸星大二郎 、西炯子、坂本眞一、惣領冬実