NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。13日に放送された第23回では、明智光秀(長谷川博己)と織田信長(染谷将太)と木下藤吉郎(佐々木蔵之介)が一堂に会する場面が初めて描かれた。

【写真】すっかり立派になった藤吉郎

 将軍・足利義輝(向井理)の文を手に信長のもとに向かった光秀だったが、肝心の信長は美濃攻めに苦戦しており、話どころではなかった。代わりに話を聞くよう命じられたのが、藤吉郎。かつて駒(門脇麦)に「字を教えてくれ」と迫っていた藤吉郎が、信長のお気に入り(百人組の頭)となって装いも新たに登場した。

 佐々木は「第23回で初めて信長様、光秀様とまみえます。信長家臣団の先輩方もこわいくらい格好いい。藤吉郎にとっては、“いよいよ日本の歴史に登場してきたぞ”感がありますね。今後の己の命運が、タイトル『麒麟がくる』に、いかに作用するのか? 楽しみながら演じようと思います」(公式ツイッターより)とコメントし、信長の前での道化ぶりや、猿面から真顔への変りようで、ただ者ではない感を存分に発揮していた。