アメコミ「DC」史上最大の世界同時オンラインイベント【DCファンドーム】の第2弾「ディスカバー・マルチバース」が、日本時間13日午前2時より開催中(同14日午前2時まで)。今回も、さまざまな情報が発表された。

【動画】『スーパーガール』スタントチームのワークアウト

 その一つが、ドラマシリーズ『ドゥーム・パトロール(原題:Doom Patrol)』のシーズン3。ワーナー系動画配信サービス「HBO Max」のオリジナルシリーズとして製作、2021年配信予定。

 『ドゥーム・パトロール』のドラマ化は2019年よりはじまり、現在はシーズン2までHBO Maxで配信されている。車椅子の天才科学者チーフ/Dr.ナイルズ・コールダー(ティモシー・ダルトン)によって結成された、社会のはみ出し者たちを集めたヒーローチーム――ロボットマン/クリフ・スティール(ブレンダン・フレイザー)、ネガティブマン/ラリー・トレイナー(マット・ボマー)、エラスティ・ガール/リタ・ファー(エイプリル・ボールビー)、クレイジー・ジェーン(ダイアン・ゲレーロ)、サイボーグ/ビクター・ストーン(ジョイヴァン・ウェイド)――が、世界から疎まれながらも、世界を救うために戦う、DCユニバースで最もユニークなヒーローたちの物語だ。

 シーズン2では、ドゥーム・パトロールのメンバーが、世界のために戦う一方、チーフへの不信感、チーフの娘ドロシー・スピナー(アビゲール・シャピロ)の不思議な能力の謎、ヒーローそれぞれが負った心身の深い傷、トラウマ体験の克服など、さまざまなドラマが描かれた。

 次に紹介したいのは、アニメーションシリーズ『ヤング・ジャスティス』シーズン4の製作決定というニュース。DCのキャラクターをベースにした、さまざまな特殊能力を持ったティーンエイジャーの若きヒーローたちの成長と活躍を描く。新シーズのタイトルは『ヤング・ジャスティス:ファントム(原題:Young Justice: Phantoms)』。

 発表前には、『ヤング・ジャスティス:ファンドーム』と題した、オリジナルラジオ番組が配信され、新シーズンにつながる「シーズン3.9」ともいうべきエピソードが、ボイスキャストの一部――ジェイソン・スピサック(キッド・フラッシュ役)、カリー・ペイトン(アクアラッド役)、ステファニー・ルムラン(アルテミス役)、ノーラン・ノース(スーパーボーイ役)、デニス・ブーテ、ダニカ・マッケラー、クリスピン・フリーマン――による音声パフォーマンスで披露された。

 また、ドラマシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』のスタントコーディネーター・サイモン・バーネットを含むスタントチームによるワークアウト動画も公開。戦闘シーンや空を飛んでいる時の姿勢、スーパーヒーローのかっこいい着地の仕方などを解説している。