10月に乃木坂46を卒業する白石麻衣(28)の卒業記念本『白石麻衣 乃木坂46卒業記念メモリアルマガジン』(10月21日発売/講談社)に、松村沙友理(28)との対談が収録されることがわかった。

【貴重写真】乃木坂46デビュー1年目 美しすぎる“四姉妹”

 同じ乃木坂46の1期生で同い年の2人は、ファンから“さゆまい”コンビと呼ばれ、相思相愛の親友関係。対談では、2人の出会いのきっかけを作ったある事件から、一緒に行ったプライベート沖縄旅行でのエピソードまで、乃木坂46で、ともに過ごした9年間のさまざまな思い出を語り合っている。

 対談企画のために撮り下ろされた写真には、白とピンクのワンピースを着た2人が1枚のロングマフラーに一緒にくるまるなど、仲睦まじい様子が納められている。

 本作は、白石にとって乃木坂46としては最後となる本格的な撮り下ろしグラビアを約120ページにわたって掲載。白石の代表作ともいえる50万部突破大ヒット写真集『パスポート』の撮影スタッフが再集結し、撮影に臨んだ。グラビア以外にも、ロングインタビューをはじめとした読み物企画も多数収録予定。全192ページの大ボリュームで、白石麻衣の乃木坂46での9年間の活動をまとめた集大成的な1冊となっている。

 白石は本作について「乃木坂46での9年間のすべてがつまった1冊になりました。ファンの皆さんに、よろこんでもらえたらうれしいです。楽しみにしていてください」とコメントしている。