人気グループ・三代目 J SOUL BROTHERSが、きょう12日の午後2時55分から8時間にわたって生放送中の日本テレビ系の音楽特番『THE MUSIC DAY』に出演。「R.Y.U.S.E.I.」「Movin' on」を披露した同グルーブから、小林直己、山下健二郎、ELLY、岩田剛典がコメントを寄せた。

【別カット】鮮やかなブルーのスーツをそれぞれのスタイルで着こなす三代目JSB

 この日のパフォーマンスについて小林は「今日はTHE MUSIC DAYでしかやったことのない、この日のために組み合わせたパフォーマンスを楽しみにしてもらえればと思います」、ブルーの衣装について岩田は「デビュー以来チームカラーが青というイメージがありますので、10周年記念というわけじゃないですけど、今の自分たちにも合うのかなと思います」とコメントした。

 結成10周年を迎え、思い出などを質問すると、山下は「やっぱりライブです。毎年ライブをやらせてもらっていて、(今年はオンラインでの)新しい形で新しいエンターテインメントの可能性も感じましたし、発見もありました」と説明。ELLYは「10年前の9月27日にEXILEのライブで(グループとして)初めてみんなの前に現れた瞬間の感覚は、今でも残っています。また、たくさんの人と自分たちの曲でつながれたという思い出は、一番『R.Y.U.S.E.I.』が強いです」と明かした。

 また小林は「直近のツアーがこの状態で中止になってしまって悲しかった、悔しかったですが、その中でSNSなどを通じて、ファンの人にエンターテインメントを求めてもらっている実感があります。僕たちもたくさん夢を叶えさせていただいてきたんですけど、みなさんの夢になれていたらうれしいなと思っています」と語った。

 岩田は「10年間本当にたくさんの夢を叶えさせてもらって、たくさんの人にこんなにも応援されるグループになるとはデビューしたときは全く想像していなかったです。(10周年は)ファンのみなさんのおかげだと改めて感謝しますし、僕らはバラバラなとこから集まったチームですが、今はそのチームがひとりひとり役割分担じゃないですけど、一緒にいて安心感もあってすごく居心地のいいグループだなって10周年を迎えて改めて感じます」とこれまでの活動をしみじみ振り返った。「グループと並行して個人活動や好きなところを伸ばしてきた数年間で、一人ひとり自信がついて、メンバー同士でのリスペクトが年々深まっています。自分ができないことを他のメンバーがやってくれている感覚もあって、集まった時にすごくいいバランスでできているのではないかと思っています」とグルーブの印象を語った。

 番組のテーマ「人はなぜ歌うのか?」にちなみ、「踊る理由」について質問した。山下は「踊ることが好きだからです。それがモチベーションになって続けられる、そういったことが見つけられたのは何よりも幸せだなと思いますし、好きなことが仕事になって生活させてもらって、とんでもない幸せものだなと思います。これからも続けて発信していきたいですね」と意欲を見せた。ELLYは「一人でも俺のダンスを見たいという人がいてくれるからです。自分の好きに対して、欲しい、見たいって思ってくれる人がいて完結するものなので、それを生み出せるのはうれしいですしこの環境にも感謝しています」と本音を明かした。

 小林は「元気をもらった、楽しかったと言ってくれる人がいるから、作りたいなと思いますし、そういったやりとりがあるから踊り続けたいのかなと思います。コロナ禍で人は一人では生きていけないと感じましたし、助けてもらっているのだというのを感じましたね」としみじみ。岩田は「応援してくださる皆さんから、勇気をもらったという声をいただくと、誰かの力になれているという実感がありますし、自分たちにとって続けていける原動力になっていると思います。また、この仲間が好きで、この仲間とパフォーマンスできているというのが最高ですね」とうれしそうに語った。