人気アイドルグループ・日向坂46が、きょう12日の午後2時55分から8時間にわたって生放送中の日本テレビ系の音楽特番『THE MUSIC DAY』に出演。「アザトカワイイ」をテレビで初披露した同グルーブから、佐々木久美、齊藤京子、金村美玖が番組にコメントを寄せた。

【写真】日向坂46の1stアルバム『ひなたざか』ジャケット写真3種

 今回歌唱した「アザトカワイイ」や舞台裏の様子について、佐々木は「この衣装を着てテレビに出るのが初めてですし、注目してほしい振り付けがたくさんあるので注目してほしいなと思って披露しました」と思いを告白。金村は「カメラを通してどれだけ『アザトカワイイ』を伝えられるかを意識していて、今日のためにカメラを意識した振り付けも盛り込んだりしたので、よりあざとさが伝わったらいいなと思っています」とポイントを語った。

 齊藤は「活動休止から復活したメンバー(影山優佳)や、最近加入した新三期生のメンバーもいたので、すごく緊張しながらみんなで支え合いました」とパフォーマンスを振り返った。また、佐々木は「メンバーの可愛い写真を撮り合うのが日常的になっていて、今日も待ち時間にみんなでかわいい写真を撮り合って『アザトカワイサ』を貯めました。これからいろんなコンテンツで観られると思います」と裏話を披露した。

 番組のテーマ「人はなぜ歌うのか?」にちなみ、「なぜ歌うのか」について質問すると、齊藤は「歌は、落ち込んでいる時とかに元気をもらったりするくらい大きなもので、大切なものだと思っています。自分たちも歌い手の立場にいるからには、聴いている人全員を笑顔にさせられるようにしたいと思いますし、(聴いて)明るい気持ちになってほしいと思っています」と思いを明かした。