女優の南野陽子、俳優の土田英生が12日、東京・新国立劇場で開催されたTBS系で放送中の日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 後9:00)のドラマを応援する人たちへの“感謝の恩返し企画”『感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇「半沢直樹」』に出演した。

【画像】尾上松也×山崎銀之丞のやり取り再び…朗読劇「半沢直樹」の模様

 このイベントは、現在放送中のドラマに先駆け、TBSラジオで今年2~3月に放送された『TBSのラジオ オリジナルドラマ「半沢直樹」 敗れし者の物語 by AudioMovie』で描かれた「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画。ラジオとのコラボで実現した“『半沢直樹』の世界観を声で届けるエンターテインメント”に、出演者が生朗読するという“舞台演出”が重なった、オリジナルストーリーの特別企画となる。

 南野と土田が出演した「黒い二人の日記帳」は、劇中でITベンチャー「スパイラル」を敵対的買収しようとしたIT大手「電脳雑伎集団」の平山一正(土田)と平山美幸の物語。買収が失敗に終わり、粉飾決算も明るみに出たことで別れた2人が運命の再会。見栄を張り続けたが、お揃いで買った“黒い日記帳”がきっかけで愛を再確認し、逆襲を狙っていくストーリーとなる。

 プライベートで美幸が「カズくん」と呼んでいることが判明するなど、ファン垂ぜんの物語となった。土田は暴走気味にトークを展開。すると南野は「うちの夫、すごくよくしゃべるんです。『電脳の夫婦、控えめに』って1番、最初の本読みで2人とも言われた」と暴露。土田は「眠れなかったですから」と照れながら告白していた。

 演じてみたいキャラクターについて問われると南野は「美幸でいいです! コロナ禍の間で撮影を待っている時も『早く美幸さんを演りたいな』とか考えていた。役を抱えている時間もたくさんあった。あれは、ほかの人には譲りたくないですね」と愛着を語っていた。

 また、座っているだけで威圧感のある演技だった土田。役作りについては「メガネを外すだけでそうなる。目が大きいもんですから。昔、お客さんに言われて取ったら『イヤ!』と言われたことがある」とぶっちゃけた。この日のメガネの理由は「読めないから」と打ち明けて笑わせた。「『半沢直樹』の撮影は、ちょっと特殊。カメラの距離が異常に近い(笑)。初めての体験」と話すなど、トークでも存在感はバツグンだった。

 尾上松也×山崎銀之丞の「繰り返される時…」も上演。あす13日も開催され、オンラインでも観覧可能。オンライン観覧のチケットは現在も発売中となっている。