歌舞伎俳の尾上松也が12日、東京・新国立劇場で開催されたTBS系で放送中の日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 後9:00)のドラマを応援する人たちへの“感謝の恩返し企画”『感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇「半沢直樹」』に出演した。

【画像】尾上松也×山崎銀之丞のやり取り再び…朗読劇「半沢直樹」の模様

 このイベントは、現在放送中のドラマに先駆け、TBSラジオで今年2~3月に放送された『TBSのラジオ オリジナルドラマ「半沢直樹」 敗れし者の物語 by AudioMovie』で描かれた「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画。ラジオとのコラボで実現した“『半沢直樹』の世界観を声で届けるエンターテインメント”に、出演者が生朗読するという“舞台演出”が重なった、オリジナルストーリーの特別企画となる。

 松也は、山崎銀之丞とともに「繰り返される時…」に出演。ITベンチャー「スパイラル」社長の瀬名洋介(松也)と、同社を敵対的買収しようとしたIT大手「電脳雑伎集団」を裏で手助けしようとした広重多加夫(山崎)の話。買収が失敗に終わり、太洋証券をクビになった広重が、職を見つけようとした場所で行った案内所で不思議な職員に時間を巻き戻してもらい、なんとか成功させようとして、というストーリーだった。

 朗読劇後は出演者がトークショーを実施。どのキャラクターを演じてみたいか問われると「瀬名くんがすごく好き」と愛着を語りつつも「瀬名でいいんですけど、腹が立つことがありまして…。敵役の先輩方が思う存分やっている姿を見ると、ちきしょーという感じが…。瀬名くんは、そういうキャラクターではないんですけど、もう1回、頭からやって何度かドアップの顔芸がほしい」と話して笑わせた。

 同作は片岡愛之助、香川照之が前作に引き続き出演し、新シリーズから市川猿之助が登場。アクの強すぎる演技から目を離せない人が続出している。その演技を初めて見た瞬間を問われた松也は「制作会見の前にみんなでホールで試写を見た。大画面で見ました。みんなで見たんですけど、やってる本人たちも爆笑してましたね」と裏話を暴露した。

 そんな“半沢歌舞伎”の一員に瀬名もなりかけたそう。剣道のシーンで「唯一、先輩に対する威嚇をしたシーン。去っていく時に何かしろって言われたわけではないんですけど『イャア!』と叫んだ。あれは監督の指示ではなくヒール役への威嚇射撃というつもりで」と笑う。「瀬名さんは、歌舞伎の先輩に比べるとオーバーなことはしていなかった。『いよいよここから瀬名さんも半沢歌舞伎の仲間入りか』と言わせたいなと思っていた。でも、入らない感じにしたかったんです。思惑通りに行ってうれしかった」と述懐し、笑顔を見せていた。

 南野陽子×土田英生の「黒い二人の日記帳」も上演された。あす13日も開催され、オンラインでも観覧可能。オンライン観覧のチケットは現在も発売中となっている。