シンガー・ソングライターの谷山浩子が12日、乳がんのため9月から治療を開始していることを公式サイトで発表した。また、2021年春頃までのコンサートの開催を見送るという。

谷山浩子の作品一覧

 公式サイトでは「谷山浩子に関するお知らせ」と題し、「谷山浩子は、先日行った検査で乳がんと診断され、9月から治療を開始いたしました」と報告。「そのため、2021年春ごろまでのコンサートの開催を見送らせていただきます。それ以降に関しては、今後の治療の経過を見ながら準備を進めて参ります」としている。

 続けて「谷山浩子のコンサートを楽しみにお待ちいただいている皆さま、関係者の皆さまには多大なご心配とご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝罪し、「どうかしばらくの間、温かく見守っていただきますようお願い申し上げます」と伝えた。

 また、谷山もコメントを発表。「くよくよ悩むのも、『がんばるぞ!』と力みすぎるのも、病気を治すのにはよくないと聞きました。だからリラックスして前向きに、治療に臨みます」としている。

■谷山浩子コメント全文

スタッフからもお知らせしましたように、先日乳がんが判明しました。
しばらくはコンサートをお休みして治療に専念し、来年の復帰を目指したいと思ってます。
くよくよ悩むのも、「がんばるぞ!」と力みすぎるのも、病気を治すのにはよくないと聞きました。だからリラックスして前向きに、治療に臨みます。
コンサートを楽しみにしてくださっていた皆さまには、本当に申し訳ありません! もうしばらく、待っていてくださいね。