テレビ東京系で10月23日より、俳優の北大路欣也が主演する金曜8時のドラマ『記憶捜査2 ~新宿東署事件ファイル~』(毎週金曜 後8:00~8:54※初回放送のみ午後8時から2時間スペシャル)がスタートする。

【写真】各キャストの簡単な役紹介

 本作は、同ドラマ枠で2019年1月から全7話が放送された『記憶捜査~新宿東署事件ファイル~』の続編。北大路演じる主人公・鬼塚一路(おにづか・いちろ)が、慣れ親しんだ東京・新宿の土地勘と、詳細に記憶した「昭和」と「平成」の二つの時代の街のイメージから、「令和」に起こった難事件を解決へと導いていくサスペンスドラマ。今年7月にはゲストにSnow Man・深澤辰哉を迎えた、ドラマスペシャルが放送された。

 シーズン2となる本作には北大路をはじめ、風間俊介、上白石萌音、内田朝陽、松本大志、石黒賢、余貴美子といったレギュラーキャストの続投に加えて、今回新たに平岡祐太の出演が決定。

 今回も脚本はレギュラー放送、スペシャル版に引き続き、『科捜研の女』『相棒』シリーズを代表とした重厚かつエンターテインメント性あふれる物語でサスペンスファンから絶大な人気を誇る、櫻井武晴氏が担当する。

 ある事件で車椅子生活となった鬼塚は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用され、部下の遠山咲(上白石)と認知票入力する日々を送っていたが、そこに新署長として、平岡が演じる東奏多(あずま・かなた)がやってくる。東は、司法係である鬼塚らが捜査に踏み入ることが気に食わず、さらに鬼塚らと捜査を進める神啓太郎(風間)とも捜査方針を巡って対立する。

 北大路は「スタッフの皆さん、キャストの皆さんとの再会、また共に働ける喜びが沸き上がりました。レギュラーメンバーの皆さんの素晴らしさに私は支えられています。現場の熱い雰囲気が最高です。祐太さんとは初共演“よろしく”。これから撮影が始まるにあたって、まず健康、そして自然体で臨みたい。今の世、現代そのものの息遣いを感じる作品です。皆さまと素敵な時間を共有させてください。よろしくお願いします」と、準備万端、やる気満々な様子だ。

 一方、シーズン2のキーパーソンになりそうな、新宿東署・東署長を演じる平岡は「腹の底が読めない。いったい何を企んでいるのだろう。新宿の街に嫌悪感を抱く東が、この街をどうしようとしているのか怖くもあります。東奏多という役は、かなり上から物を言う性格でもあるので、お芝居で北大路さんと対峙する時に日常を一切忘れて集中して挑みたいです。どんな物語が繰り広げられていくのか、先の読めない展開に自分も衝撃を受けてしまうかもしれません」と、コメントを寄せている。

 なお、今年4月から放送を予定していた『らせんの迷宮 -DNA科学捜査-』は、新型コロナウイルスの影響により放送時期が来年度に変更された。詳細などはテレビ東京公式サイトにて随時発表される。