人気グループ・Sexy Zoneが、きょう12日の午後2時55分から8時間にわたって生放送中の日本テレビ系の音楽特番『THE MUSIC DAY』に出演。活動を休止していた松島聡の復帰後、1年9ヶ月ぶりに5人そろって「RUN」を披露し“完全復活”を印象づけた。

Sexy Zoneのテレビ出演歴

 松島は「突発性パニック障害」の治療に専念するため、2018年11月に活動休止を発表。一切の仕事から離れ、心身の回復に努めた結果、「一定の回復が見て取れた」「再びSexy Zoneのメンバーとして活動したいという意志は一貫して変わることがなかった」とし、8月12日に活動再開を発表していた。

 歌唱前、総合司会の櫻井翔から「聡ちゃん、お帰りなさい」と声をかけられた松島は「ただいまです。ご無沙汰しております」とにっこり。現在の気持ちを問われ、「5人でパフォーマンスできることはもちろんうれしいですし、何よりも4人が温かく迎え入れてくれたことが本当にうれしいと思ってます」と思いを語った。

 菊池風磨は「学生時代の仲間に久々に会った感じに近くて、すっと5人に溶け込んだ感じ。パフォーマンスもいい感じで披露できるんじゃないかなと思います」と自信を見せた。中島健人は今回披露する楽曲「RUN」について、「聴けば誰かの応援歌、歌えば自分の応援歌になる歌になってますので、この時代のSexy Zoneにぜひついてきてください」と呼び掛けた。

 歌唱した楽曲は日本テレビ系ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』のW主題歌の1つとなった「RUN」。5人でパフォーマンスするのは1年9ヶ月ぶりだが、そんなブランクを感じさせないキレのあるダンス、力強い歌唱を披露した。

 これを見た視聴者からは「欠けてたピースが埋まった感じ。私の中で4人のSexy Zoneってなにかもの足りなかった。聡ちゃんがいる5人のSexy Zoneをまた見られてほんとにうれしい」「やっぱSexy Zoneは5人で1つ!! 無理せずに頑張ってね」「私の大好きな聡くんがいる…5人のSexy Zoneって最高なんだよ…」「聡ちゃんおかえり やっぱりセクゾは5人でなきゃ」と復活を喜ぶ声が相次いだ。