人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義と成田凌が共演する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(公開中)の新たなメイキング映像がこのほど解禁された。公開されたのは、大倉演じる主人公の大伴恭一と、成田凌演じる今ヶ瀬渉による“耳かきシーン”。自然体で心地よい空気感でつつまれたシーンに貴重な撮影裏が垣間見える映像となっている。

【動画】大倉忠義、成田凌の耳かきにウットリ…メイキング映像公開

 夜、リビングで本を読んでいる恭一の膝に転がり込んできた今ヶ瀬が「耳かきして」と甘えるも、恭一は「嫌だよ」と冷たくあしらう。しかし、今ヶ瀬が「やってあげましょうか」と尋ねると、恭一は何の躊躇もなく「いいの?」と返事をする。今ヶ瀬が起き上がり、嬉しそうに「僕、上手いですよ」と笑顔で自分の膝をポンポンと叩くと、恭一は今ヶ瀬に膝枕されながら耳かきをしてもらう。

 このメイキング映像では、監督・スタッフらが見守る中、これまで誰かに耳かきをやったことがないという成田が、緊張しながら慣れない手つきで大倉に耳かきを行っている。本編では僅かしか使われていないが、耳かきをされながら思わずうっとりほほえむ大倉の姿がなんとも可愛らしく映し出される。

 撮影は終始和やかに進行し、成田が照明の具合を気にする場面や、「汚いかも…」と大倉が恥ずかしそうに照れる場面などでスタッフらのあたたかな笑い声が漏れている。最後は、幸せそうな姿を収められたと行定勲監督も太鼓判の本編シーンの全貌はぜひ、劇場で確認してほしい。