近年は“筋肉キャラ”として脚光を浴びる武田真治だが、デビュー当時は細身の体と中性的な雰囲気の“フェミ男”としてブレイク。デビュー30周年を迎え、俳優、タレントとして活躍するなか、サックス奏者としても24年ぶりにソロアルバム『BREATH OF LIFE』を発売。SNSなどで個人発信できる時代だけに、事務所独立が相次いでいるなか、30年間変わらず同じ事務所に所属している武田が、“フェミ男”の誕生秘話から事務所独立についてまで語った。

【写真】幸せいっぱい! 結婚指輪を輝かせ…武田真治&静まなみのラブラブ2ショット

◆中性的な魅力の“フェミ男”は偶然の産物…体力的にサックスが吹けない時期も

──『みんなで筋肉体操』(NHK/2018年)で今や“筋肉キャラ”で知られる武田さんですが、30年前のデビュー当時はほっそりした体と中性的な魅力で“フェミ男”としてアイドル的人気を博しました。

【武田真治】 あの頃は本当に休みがなくて、しかも給料も安く、ご飯もまともに食べれない状況。でも現場に行けば弁当があるから、休みがありがたいわけでもない。働き詰めで苦行のような日々でしたね。それでどんどん痩せてしまって…。

──武田さんが着ていた「チビT」も大流行しましたが、あれは自己プロデュースだったんですか?

【武田真治】 新人芸能人にスタイリストさんがいない時代でしたから、自己プロデュースも何もただの私服ですよね。服を買うお金もなかったから。当時、SUPER LOVERSというブランドでデザインと販売をやっていたDJ DRAGONが、「お前いつも同じ服着てるから」ってくれたものだったんです。女性モノの売れ残り(笑)それが珍しかったのか、それでますます注目されちゃって、でも「フェミ男」は健康には良くなかったですね(苦笑)。

──体を鍛えるようになったのは、まさにその頃に顎関節症を患ったのがきっかけだったとか。

【武田真治】 原因はいろいろあったと思うけれど、やっぱりストレスですよね。奥歯を噛みしめる癖が付いて、顎の関節を悪化させてしまって。顎が開閉できなきゃ、ご飯もたべるのが難しくなり、さらに痩せ細って、体力的にもサックスが吹けない状況になりました。

◆バズらなかったのに…YouTubeのサックス動画がきっかけで海外リリースも

──今月9日に24年ぶりのソロアルバム『BREATH OF LIFE』を発売しました。サックスプレイヤーとしての今後の夢はありますか?

【武田真治】 夢というより、コロナが落ち着くことが何よりもの願いですね。誰にとってもそうですが、音楽活動をする上で「人が集まれない状況」ってのが、なによりも苦しいので。アルバムには、1曲歌入りの「Wonderland Tonight」という曲を収録しました。僕が共同作詞をしたんですが、「また楽しい時間を一緒に共有しようね、その日まで元気でいよう」というメッセージを図らずも込められたのはよかったなと思っています。

──コロナ禍は、どのように過ごしていましたか?

【武田真治】 何か発信できないかと思って、YouTubeチャンネルを立ち上げました。それで、周りから「絶対バズるから」と言われ、Fitz & The Tantrumsの「Hand Clap」を踊りながらサックスを吹くという動画をアップしたんです。

──ダイエット動画として世界中のいろんな方が「Hand Clap」を配信していますよね。

【武田真治】 でも結局、僕の動画はバズらなくて(笑)。“ダメかー”と思っていたら、Fitz & The Tantrumsから連絡が来たんですよ。「君のサックスを入れたバージョンで再リリースしたい」と。で、なんと海外リリースですよ!バラエティ番組では、よく「お前のサックスなんていらねえ」とか冗談で言われていましたが(笑)、地球の反対側で僕のサックスを必要としてくれる人がいたんです!嬉しかったなぁ。

◆事務所独立せず30年、良いことも悪いこともあったが確実にプラスだった

──SNSなどで個人発信できる時代ということもあり、このところ芸能界では事務所からの独立が相次いでいます。30年、同じ事務所に所属している武田さんはこの現象をどのように見ていますか?

【武田真治】 こういう時代だから所属にこだわらなくても…というのは理解できます。僕もこの30年、事務所に所属して良いことも悪いこともあったと思います。舞台やミュージカルも、ホリプロという舞台製作をしっかりやっている会社にいたからこそ出会えた分野だったし、『みんなで筋肉体操』も然りですよね。だから僕に関しては、この事務所にいることは確実にプラスだったと思っています。

──芸能界の激しい浮き沈みを経験したからこそ説得力がある言葉です。

【武田真治】 暗闇に陥ることは、芸能界に限らず誰にでもあることだと思うんです。そんな方には、僕が先が見えないときにずっと心の支えにしていた「一番暗いのは夜明け前」という言葉を贈りたいです。これはアメリカのR&Bシンガー、R・ケリーが『グラミー賞』を獲った頃に言っていた言葉です。最近は彼も問題があるようですが…。でも僕はこの言葉を信じて、自分の暗闇を夜明け前だと自分に言い聞かせ、なんなら、夜明けを少しでも早く迎えに行くように、来る日も来る日も、文字通り走っていたんですよ。ジョギング。単純でしょ(笑)。それが18年くらい続いたのかな。(笑)で、今があります!

──そんな日々も、現在の筋肉につながっているわけですね。

【武田真治】 はい。トータルで地球半周ちょっとくらいの距離は走ってますからね。最近は忙しくなってあまり走れなくなりましたが…。あのお、近頃あまり言う人がいなくなったからあえて言いますが、「努力は必ず報われますよ!」人生の闇になんて誰だって陥ります。そんな時、その暗闇の中で変に方向を変えようとしたら余計に迷うだけ。あと一歩先に、そのすぐ先にはきっと光があるから、そこにたどり着くまで歩みを止めないで!というのがオジさんになった僕が、若い方たちにお伝えしたいことですね。

(文/児玉澄子)